2017/09/19

FXでルールを守るのは簡単じゃない!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXにおいて手法のルールを守ることは何よりも重要なことですがチャートを見ているとつい魔がさしてしまうこともあります。

satoru
「待つ」ことは大事ってわかってるけどただ「待つ」ってなかなか難しいよね~
RYO
激しく同感です!何時間も見てるだけとかつらいですもんね…

 

この記事で抑えたいポイント

「待つ」という作業といかに向き合っていくのか

ルール違反のエントリーはメンタル崩壊に繋がる可能性が高くなる

 

「待つ」時間に訪れるエントリーしてみたい気持ち

FXプランナーでの最重要項目の一つに「ルールを守る」という項目があります。

 

ルールとは基準のことで、FXプランナーでは「エリア」になります。つまり、エリアの上限下限を使ったトレードこそがルールであり、逆にいえばエリアを使わなければルール違反という事になります。

 

ではこのルールを守ることはどれだけ難しいのでしょうか?

 

相場においてチャンスはたくさん訪れますが、常にチャンスがあるわけではありません。特に長期の方向性がない時などはチャンスの数も減ってしまいます。

 

これはエリアにとっても同様のことがいえます。常にエリアを引けるわけではないので、引けない時はエリアが引ける動きが出るまで当然トレードが出来ない状態のはずです。また、エリアが引けてもそのエリアと現在のレートが離れていれば待つ必要があります。

 

この「待つ」という作業。これこそがルールを守るのが難しくなる要因となっています。

 

例えばパソコンをつけてトレードをはじめた時に、「今日はエリアがまだ引けないなぁ」といった状態だとします。初めは「エリアが引けるまで待とう。」と決心してチャートを観察しているのですが、30分待ち、1時間待ってもなかなかチャンスが訪れません。

 

ずっとチャートを見ているだけ、これが実は結構トレーダーにとっては苦痛になります。

 

ルール違反は利益でも損失でも負の経験!?

目の前のロウソク足は動いているのに手が出せない。

そんな状態が続くと人は我慢の決心が揺らぎがちです。

 

「エリアはまだ引けないけど少しだけ利益だそうかな」

「こうなればエリアが引けるからその動きを期待してエントリーしよう」

「今エントリーしても勝てる気がする」

 

などといった考えが顔を出してきます。

 

そんな考えが出てきてトレードをしたとしましょう。もちろんこれはルール違反です。

 

仮にそのトレードで利益が出た場合、「やっぱり思ったとおりに利益になった!」という経験が残ります。そして同じような経験が重なるといつの間にかルールなんてどこへやら、チャートを見ながらポチポチとエントリーを繰り返します。

 

それでもまだ勝っているうちはいいですが、これが負けてしまった場合、元々ルールを守っていないという後ろめたさや罪悪感のあるトレードなので、負けた場合悔しいという感情やすぐに取り返そうといった感情がでやすく、メンタル崩壊に繋がりやすい状態になります。

 

そうなってしまうと、さらに出した損失を埋めたい気持ちが大きくなってしまって余計に「待つ」という作業が出来なくなってしまいます。

 

こうなれば後は負のスパイラルに陥って資産は減る可能性が高くなってしまいます。

 

ルールを守らないトレードはその時勝っても後への影響が、負ければメンタル崩壊への第一歩となって結果的にいいことはありません。

 

もちろん、人間なので100%ルールを守れるのか?といわれればそれは厳しいと思いますが、大事なことはルールを守らなかった場合、次のトレードに対する取り組み方をしっかりと意識して下さい。

 

たとえ勝ったとしても、

「今のトレードは勝てたけどルール違反だから反省しよう」

 

負けた場合は、

「ルール違反で負けたのは罪深すぎる」

 

といった感じでしっかりと意識をコントロールしなければなりません。

 

FXでの目的はブログのタイトルにもあるように、安定した収益をだして資産を増やしていくことのはずです。そのためには一時の勝ち負けに左右されないようしっかりルールを守る事に重点を置いて普段からトレードに取り組むことが大切です。

 

ルールを守るのは簡単ではありませんが、だからこそしっかりと守れば価値のある結果に繋がる可能性は上がります。

 

先を見据えてトレードに対する姿勢を作っていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2016 All Rights Reserved.