2017/06/24

買い手と売り手の狙いと心理

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXでは買い手と売り手の心理を読み解くことがとても重要になります。

みなさんがトレードをする時に最も嫌な事は”損失になる事”ではないでしょうか?

 

当然FXの目的とは資産を増やす事なので、自分の資産が減る事は誰でも嫌な事です。

 

『相場を動かしているのは誰だ!?当たり前のようだけどとても重要なこと』にも書いていますが、買い手とは買い勢力の事で世界中においてロングポジションを持っている人全ての集合体を、逆に売り手とは売り勢力の事で世界中においてショートポジションを持っている人全ての集合体を表わしています。

 

仮にみなさんがロングポジションを保有しているのであれば、立派な買い手の一員といえます。相場に投じている資金の大きさにかかわらず、全ての人が”損失になる事”は避けたいことなのです。

 

そして、この買い手の狙いが順当に相場に反映されれば上昇トレンドが発生します。安値・高値を順当に切り上げていき、買い手のトレーダー達の利益に繋がっていきます。

 

要するに買い手は上昇トレンドを発生させたいのです。しかし、相場にはもう一方の勢力である売り手も存在しますから、そうそう簡単には思い通りに相場を動かすことは出来ません。

 

売り手は逆に下降トレンドを発生させたいので、その狙いで資金を投入してきます。

 

両者の資金が逆方向に入ってくるので必然的にこの両者の狙いはぶつかる事になります。そこでバトルが発生することになります。このバトルを利用して組み立てていく手法がFXプランナーの『エリア手法』になります。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2016 All Rights Reserved.