2017/06/24

チャートパターン②

 

この記事を書いている人 - WRITER -

上昇フラッグ(下降フラッグ)や三角持ち合い(ペナント)も有名なチャートパターンの一つです。

チャートパターン①で「ダブルトップ(ダブルボトム)」「ヘッドアンドショルダー(逆ヘッドアンドショルダー)」について説明しましたが、ここでは「上昇フラッグ(下降フラッグ)」「三角持ち合い(ペナント)」について説明します。

 

チャートパターン①でもいいましたが、必ずしもこのチャートパターンが出来たから相場は動きだすわけではないということを覚えていて下さい。チャートパターンの形成中はあくまでも可能性であり、ある一定のラインをブレイクする事によってチャートパターンが完成したとみなします。

 

チャートパターンが完成していないのに、完成して欲しい期待や完成するだろうといった思い込みのトレードはリスクも高くなりますので注意が必要です。

 

上昇フラッグ(下降フラッグ)

「上昇フラッグ」は上昇相場の途中に発生するパターンで、上に抜けてきた場合は再び上昇トレンド継続の可能性があるサインの一つです。

 

 

形は『旗』(フラッグ)のように見えることから名付けられたともいわれています。相場が大きく動いた後に現れることが多く、斜めのレンジともいわれています。

 

一度高値を付けた後の動きで、上図を見れば直近の流れでは高値・安値共に切り下げているのがおわかりかと思います。一見すると下降トレンドのような動きにも見えますが、サポート候補を探しにいくための下落で調整波として捉えることが多い形となります。

 

また、上図の上下反転させたパターンを「下降フラッグ」といいます。

 

三角持ち合い(ペナント)

レンジ相場に起こるパターンの一つで、相場自体が上に行くか下に行くか迷っている時に出るパターンです。
 

 

形は文字通り「三角(ペナント)」に似ています。

 

レンジ相場というのは上値・下値のレベルがある程度揃っている状態ですが、三角持ち合いはレンジ相場中に起こるパターンで上値が重く切り下がり・下値も堅く切りあがっていき、値幅もどんどん無くなっていき、最終的にブレイクした方向に動きやすいチャートパターンです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2016 All Rights Reserved.