2017/09/18

【FX失敗談 CASE1-①】チャートに慣れてきた時にこそ気を引き締めて!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

負けた時にむきになったトレードを繰り返し損失が膨らんで、最後には一気に取り返そうそうとする気持ちはFXあるあるです。

RYU
今日はツシマノホタルさんからいただいた失敗談を見ていきましょう!
ゆず茶
負けをすぐに取り返したくなるのは私もよくやっちゃうのでどんな失敗談か楽しみです!あ、楽しみっていっちゃダメですね…
RYU
この失敗はトレーダーなら一度ならず何度も経験してしまう失敗ですね。
ゆず茶
RYUさんもあるんですねw
RYU
もちろんあるよ!というか未だに出ちゃうときも全然ありますw
ゆず茶
なら私がよくやってしまうのも仕方ないですね…
RYU
いかにこの感情を抑えるのかが大事ですね。まずは失敗談を見ていきましょう。

 

この失敗談で抑えたいポイント

チャートに慣れてきた時こそ丁寧に!

チャートを見てからすぐにトレードは危険!

負けてくると短期足でエントリーを繰り返してしまう。

損失が大きくなると一気に取り返したい気持ちが出てきてしまう。

自分の事をわかっているようで実は分かっていない事も多い

 

********************************************************************

投稿者:ツシマノホタルさん

まずメンタル面の事(?)ですがにわかにチャートの見方がわかってきたという「初心者ではないのよ」というプライドなのかなんなのかでなかなか素直に最初からやり直すことができないまま数年たってしまっている事。

(今までやってきた事が否定されるようで怖いというかもったいないというかそんな感情です。)

このブログ内でも土台をしっかりしましょう。と言っているのを自分も基礎からやり直したほうが良いとされる該当者だというのに、自分のことではないと思ってしまっている事。

 

トレード面ではチャートを開いてすぐにエントリーしようとしてしまう事。
(気を付けようとしているのですが数日たつとついやってしまう)

エントリーしようとしてるからか短期足の形しか見ていないので全体像も見えていないので目標もなく、自分が短期で決済するべきなのか利益を伸ばすべきなのかというのがわからず、決済できず利益を残すことができない、伸ばすこともできない。

そんなこんなで、悔しくて利益を取り戻そう、損失を埋めようという気持ちでますます周りが見えなくなり、長期と短期のもみ合いのあたりで揉まれてしまう。

気づくと一分足を見て「サポに当たってからのこの動きだから。。今度はレジにあたってからのこの動きだから・・・」とか言いながらもまれている事多数。

レンジが存在することを完全に忘れている。

損失も膨らむので、ばいーーんって行くのをひたすら狙う

神様にお祈りしている。

狙うわりに損失がどんどん許容できなくなって(気持ち的に)無意味な損切(損切といえない)をする。狙うならずっとおとなしく持っていればいいのに。

そして「どっちにいくかな~??」とトレードをしていることが多い。
(うん、どっちでもないんだよ。と言ってやりたい)

最初はそんなつもりじゃないのに気付くとそうなっている。

そして、よーし勉強するぞ~!と言いながらついチャート観察してしまい揉まれてしまう。

一生このままなのかなと思うのでこの辺でいい加減にしたいと思います。

最初はlineグループ目当てでしたがいざ書き始めるとどんどん自分のことがわかって来た気がしました。

 

いざ書き始めるとどんどん自分のことがわかって来た気がしました。

書いてみてよかったです。

よいきっかけになったと思います。ありがとうございます。

********************************************************************

 

RYU
この失敗談にはとても大事な要素がたくさん詰まってますね!
ゆず茶
私もほんとに同じ失敗をしているので思わずうなずきながら読んじゃいました。
RYU
これらの失敗はほんとにFXあるあるなので多くの人が「自分と同じだ~」って共感しているのではないでしょうか。
ゆず茶
わかっちゃいるけどやめられないってやつですよね…
RYU
ですね!でも克服していかないとパフォーマンスは上がっていかないからちょっとづつでも改善していきたいですね。
ゆず茶
私も頑張って克服しないと!
RYU
今日出たポイントは次回以降でしっかりと分析していきましょう!
ゆず茶
わーい!次回も楽しみです!
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.