2017/09/19

FXで勝つということはどういうことなのか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXでただ勝つことは誰にでも可能です。しかし勝ち続けることは難しいことです。2つの間にある大きな違いを理解して勝ち続けるトレードを目指しましょう!

この記事で抑えたいポイント

勝つことと勝ち続けることには大きな差がある

勝ち続けるために必要な要素は何か

 

FXでただ勝つというのはどういうことか?

FXでただ勝つということは一度でも利益を上げるいうことです。

 

では一度でも勝つことは難しいことなのか?といえばそうではありません。

 

相場は値幅の大小は違っても絶えず上下に動いていますから、FXを全く知らない子供が適当にエントリーのボタンを押しても勝ててしまうこともあります。

 

仮にあなたが目をつぶってロングかショートのボタンを押しても勝つことは可能です。

 

このように一度でも勝だけならば誰にでも可能なのがFXというもので、これがもしも運よく続いたら知識のない人でも資産が増えていきます。

 

いわゆる「ビギナーズラック」とも呼ばれていますが、このように知識もなく感覚だけを頼りにトレードを繰り返していつまでも勝つことができないのがFXなのです。

 

勝ち続けることは何が違うのか?

まず初めに誤解されないようにいっておくと勝ち続けるということは何も全戦全勝するということではありません。

 

勝ち続けるということは「トータルで勝つ」ということです。

 

トータルといってもどの期間のトータルといった定義はありませんが、少なくとも月単位、半年単位、年単位と期間が長ければ長いほどトータルではプラスになっていなければなりません。

 

相場において絶対的なものは存在しないので、どれだけいい手法、いい分析力を持っていても日単位レベルでは負けてしまうこともあります。

 

時には連敗をすることもありますが、相場と同じく資産も上下を繰り返しながら右上がりになっていくということが「勝ち続ける」という意味になります。

 

FXでは先ほどのただ勝つだけではなく勝ち続けることを目標にトレードをしなければなりませんし、それを目指してあなたもFXを始めていると思います。

 

一つのトレードに一喜一憂するのではなくトータルで考えるということが大事だということをまずは頭に入れておきましょう。

 

勝ち続けるためには何が必要になってくるのか?

それでは勝ち続ける為に必要なことは何でしょうか?

 

それが「トータルで勝てる自分の基準でトレードを繰り返すこと」です。

 

極端な話FXプランナーではトータルで勝てるのであればどのような手法や考え方でも構わないと考えています。

 

次にトータルで勝つために必要なものが「優位性の高いと判断される場面でトレードを繰り返すこと」です。

 

優位性の高いというのは自分が思った方向にいく可能性が高いと判断できる場所ということになりますが、これを判断するために手法や分析力が必要になってきます。

 

どんな人でも、

「上昇しそうだけどショート狙うかな~」

「下降の可能性が高いけどロングだ!」

なんてことはしないはずです。

 

しかし、そもそもその判断基準がなければどちらにいくかを当て勘でトレードするしかありません。

 

これではギャンブル要素が高くなってしまい安定したトレードを生み出すことはできません。

 

いかに優位性の高い場所を自分で見つけ判断して、その判断に腹をくくれるかが最大のポイントになってきます。

 

先ほどもいったように優位性が判断できて、その確率が高いのであればどのような手法でもいいと思いますが、今現在何をすればいいのかどんな手法がいいのか迷っているのであればFXプランナーの「エリア手法」をぜひ身につけてみてもらいたいと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.