2017/09/19

他人事では済まない!FXで大損する人が通る2大ルート

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXで大損したことのあるトレーダーの体験談を聞くと2つの代表的な問題が浮き彫りになってきます。

誰もFXで大損したいなんて思っていないのにやってしまっているのが現状です。

 

RYU
FXで大きな損失はほとんどの方が一度や二度は経験しているかもしれませんね。
ゆず茶
私も当然のように経験しちゃってます…
RYU
立て直しがきくならまだいいですが、もしもその1回の大損で相場から退場なんてことになれば笑えませんよね。
ゆず茶
私も大損した時は真っ青になっていたと思います(泣)
RYU
誰も大損したい人なんていませんが、その大損のパターンを見るとどうやら代表的なものが2つあるようです。
ゆず茶
教えて下さい!私ももうあんな経験はしたくありません!
RYU
これを読んでるあなたもこれからお話しする2つの失敗は他人事ではないと思ってください。

 

FXで大損する2大ルートはこれだ!

 

(※各ルートクリックでその場所までジャンプできます)

ルート①:塩漬け

ルート②:メンタル崩壊の乱れ打ち

ルート①:塩漬け

塩漬けはFXの大損する代表ともいえる王道の失敗です。

塩漬けというのは一言で表すと、

「マイナスをそのまま抱え込んでいつまでも持ち続けること」

になります。

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

トレードするときに初めの買ったり売ったりすることをエントリーするといいますが、あなたはエントリーをする時にどのようなことを考えるでしょうか。

 

「このトレードで利益をだしたいな~」

まず全てのトレーダーがこう考えています。

 

「このトレードで損失をだしたいな~」

なんて人はいませんよね(笑)

 

しかし、相場は思いとは逆に無情にもマイナス方向へ進んでいきます。

 

 

せっかく利益をだそうと思ってトレードをしたのに損失が膨らんでいっています。

 

こんな時に顔をだすのが”現実逃避”です。

 

「損失は受け入れたくない!もう少し待てば戻ってくるだろう!」

 

始めはこんな考えでマイナスのエントリーを持ち続けるという選択をします。

 

しかし、待てども待てども戻ってきません。いつみても数字は赤色のマイナス表示です。

 

こうなって来ると次の段階に突入します。

 

「もうチャート見ない!トレードもしない!戻るまで見ない!というか見たくない…」

 

…立派な塩漬けの完成です。

 

 

こうなってしまうといつ戻るかもわかりません。

 

数日後ならまだましですが、数週間、数か月、へたをすれば数年戻ってこないかもしれません。

 

 

上図の場合、Aで上昇で利益をだすことを狙ってロングエントリーしましたが、ここから下降になってしまいました。

 

ここで塩漬けをした場合、後々Bのポイントで買った場所まで返ってきています。

 

しかし、この期間Xが例えば数カ月だった場合はその時間をただただマイナスを持っているだけの状態で過ごすことになります。

 

Aのロングをしっかりと損切りしていれば、この期間Xにトレードチャンスはあったかもしれませんし、もっと早くAの損失を取り返せたかもしれません。

 

次の図は一発退場もありえる塩漬けの最悪のパターンです。

 

 

Aで下降の利益を狙ってショートするのですが、その上昇に転じて塩漬けをします。

 

しかし、いつまでたっても返ってくる気配もなくどんどん損失が大きくなっていき、それどころか待っている間に資産がマイナスに耐えきれなくなる可能性もあります。

 

そうなってしまうと相場から退場ということになってしまいもう取り返すこともできません。

 

ゆず茶
塩漬け恐るべしですね!
RYU
人はどうしても損失を受け入れるのには苦痛を伴いますからこういった塩漬けが起きてしまうんですね。
ゆず茶
損切りは大事だと思っていてもできない時はどうすればいいですか?
RYU
私は塩漬けは一度も許してはいけないと思っています。

どの塩漬けで退場の危機になるかわからないですからね!

だからどうしても損切りできない人は決済同時発注機能をおすすめします!

ゆず茶
決済同時発注機能ってなんですか!?なんだか難しいネーミングですけど(笑)

 

決済同時発注機能とは各証券会社に備わっている発注機能で、エントリーしたと同時に○○pips逆行すれば自動的に損切りするという注文を発注できる便利なシステムのことです。

 

ゆず茶
要するにこの決済同時発注をしておけば最悪マイナスの数字を自分で決めて勝手に注文してくれるってことですよね?
RYU
その通りです。私もこの機能は使っていますしこの機能がなければたまにはマイナスを我慢しちゃってるかもしれません(汗)
ゆず茶
それだけ人間のメンタルは弱いってことですか?
RYU
そうですね(笑)

この機能は塩漬けしちゃいそうな人にはそれだけ重要だと考えています。

今はほとんどの証券会社にこの機能があるのでぜひ利用してもらいたいですね!

ゆず茶
さっそく調べて設定します!

 

ルート②:メンタル崩壊の乱れ打ち

次にメンタル崩壊についてお話していきます。

 

メンタル崩壊とはその名の通り精神状態が普通ではなくなり、ムキになってひたすらトレードを連発してしまう失敗です。

 

実はこのメンタル崩壊は最もやっかいな失敗だといえるかもしれません。

 

先ほどの塩漬けの場合、決済同時注文という方法で強制的に塩漬けを防ぐことができるのですが、このメンタル崩壊は自分以外に防ぐ方法がありません

 

その日にトレードを開始した時点では誰でもメンタルは通常状態です。しかし、どこかのタイミングで損失をだした時にこのメンタル崩壊が忍び寄ってきます。

 

「あ、負けてしまった。すぐに取り返してやろうかな。」

「え、また負けた!くそ~!次こそはすぐに取り返すぞ!!」

「!!?なんで?なんですぐに逆方向にいくの?クソー!」

 

こうして気付けばとんでもないエントリーの回数を積み重ねていくことになります。

 

 

この時にほんとに先ほどの損失をすぐに取り返せたのであれば冷静になれるかもしれないですが、ムキになってトレードした場合にはそういかない可能性のほうが高くなります。

 

結果的に次も負け、そのまた次も負けて…

 

損失が次々と積み重なっ結果的に大損に繋がってしまします。

 

このメンタル崩壊の何がたちが悪いのかといえば、ボロボロになるまで冷静に戻れないというところです。

 

ボロボロになって、はっと我に返った時に必ず後悔が訪れます。

 

「なぜこんなことになってしまったんだろう…」

「初めに負けた時にしっかりと次のチャンスを待っていれば…」

 

そして猛反省して、

 

「次からは絶対冷静になるぞ!」

「今日は絶対メンタル崩壊しない!」

 

このように心に誓います。

 

しかし、またまたあっさりとメンタル崩壊してしまうのです。

 

 

ほんとにタチが悪いったらないです。

 

しかしこのメンタル崩壊を続けていればいつまでたってもFXで利益を積み上げることは難しくなってきます。

 

ゆず茶
メンタル崩壊は思い出すだけでぞっとします。
RYU
メンタル崩壊をしてしまった後の喪失感はかなりのものですよね。
ゆず茶
自分で直さなきゃってのはわかってるんですが何とかなりませんか?
RYU
最終的には自分でしっかりと向き合うしかないですが、そのためのアドバイスはいくつかありますよ。
ゆず茶
ぜひ、ぜひぜひ教えて下さい~~~

 

メンタル崩壊と向き合うためのアドバイス

●自分がメンタル崩壊しやすいパターンを把握する
●ロスカットにしっかりと意味をもたせる
●負けた後はマウスから手を離し画面から離れる

 

ゆず茶
解説お願いします!
RYU
まずはいきなりメンタル崩壊を完全に防ぐよりもその数を減らしていくことに集中してみましょう。
ゆず茶
ふむふむ
RYU
そのためには自分がどのような状況でメンタル崩壊に繋がっているのかを把握しなければなりません。
ゆず茶
どうやって把握すればいいんでしょうか?
RYU
もしもメンタル崩壊をしてしまったなら、もう過ぎたことは仕方ないのでそのデータをしっかりと録るということです。どのような状況でどんなきっかけからメンタル崩壊してしまったのかを振り返ります。
ゆず茶
これまでのメンタル崩壊を振り返るのはしんどい作業ですね…
RYU
でもそれをしっかりして向き合わないと改善はできなくなりますよ。
ゆず茶
やります、やります、いますぐやります!

 

メンタル崩壊を振り返る時はいつどの場面でというのをチャートをキャプチャなどで画像に残してどのロスカットがきっかけだったのかを掴むことで、自分の傾向が見えてきます。

 

それをしっかりと頭に入れて繰り返していると、次第に

 

「あ、このエントリーで負ければメンタル崩壊に繋がりそう…」

「ここで負けたらムキになりそうな気配が…」

 

という感覚がでてくるようになります。

 

そうなれば事前に察知することでメンタル崩壊を防ぐきっかけに繋がる可能性も高くなります。

 

いくらメンタル崩壊をしないと決めていても、メンタル崩壊が始まってしまうとそんなことは関係なくなってしまいます。

 

だから事前にメンタル崩壊のスイッチを察知することが一番の近道なのです。

 

ゆず茶
なるほど、第6感てやつですか…
RYU
第6感ではありません(笑)しっかりと経験を踏まえて傾向を掴むということです。
ゆず茶
ロスカットに意味を持たせるというのは?
RYU
これもすごく大切で自分のエントリーに腹をくくるということですね。
ゆず茶
腹をくくるですか…?
RYU
そうです。エントリーの前にここで負ければ仕方ないとしっかりと決めてからエントリーするということです。
ゆず茶
どうすれば仕方ないと思えます?
RYU
ロスカットになったら状況が変われば仕方ないと思えませんか?
ゆず茶
ん~、ちょっとまだ理解するのが難しいです…

 

ロスカットになったら状況が変わるという事は、例えばロングで上昇の押し目買いを狙っている場合にロングエントリーをして利益を狙いますが、もしもそのロングがロスカットになってしまったら上昇に対する押し目買いはもう狙えないような場所になります。

 

つまり、ロスカットになることによって上目線だったものが上目線ではなくなるというポイントになります。

 

 

上図のように上昇Xに対して押し目買いを狙う場合にAのラインを下に抜けたら、押し目買いはちょっと狙いたくないというポイントを自分で設定します。

 

結論をいうと自分が上昇Xに対して押し目買いをするならどこまでで狙いたいか?というポイントを決めるという事です。

 

仮にそのポイントを下に抜けたら少なくとも自分はもう狙いたくないはずですし、かといってまだ上昇Xが完全に負けたわけでもないのですぐにショートもできません。

 

そうなればAをロスカットに設定してそこで腹をくくれなければおかしいということになります。

 

ゆず茶
Aのポイントは自分で決めるんですか?
RYU
もちろんそうですね。

自分が押し目買いを狙うならここまでだな、というポイントを自分で決めなければダメですね。

ゆず茶
Aのポイントに正解はないということですか?
RYU
相場に絶対はないのでAのポイントはどこが正解とかはないですし、人によって変わってきます。

大事なことは腹をくくれるポイントを作るってことですね。

ゆず茶
私達はそのポイントをエリア手法を使って決めているってことですね♪
RYU
そうですね。そういったポイントを決める基準を作るのは大切ですね。
ゆず茶
あの…腹をくくって負けたのに悔しさがでてきた場合は…(笑)
RYU
もちろん腹をくくっても負ければ悔しさは少しはありますね。人間ですから(笑)

それで逆方向にエントリーしちゃうようなら最後のアドバイスでもあるチャートから離れて下さい(笑)

 

いきなり100%変わる事はなかなかできません。

 

それでもエントリーしたくなる場合は、ロスカットと同時にマウスの近くから手を離して、チャートから物理的に離れる反応をつくって下さい。

 

初めに書いたようにそれくらいしなければこのメンタル崩壊はそれほどやっかいなものです。

 

本気で取り組む意気込みが必要になります。

 

ゆず茶
わかりました!私も本気で取り組みますよ!明日から!!
RYU
いや、今日からお願いします(笑)

今回でたFXで大損の2大ルートの他にもあるかとは思いますが、この2つを克服するだけで成績が大きく変わって来ると思いますのでぜひ取り組んで下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.