2017/09/14

1年で100倍!?FXで複利を考える時に絶対に忘れてはいけないこと

 

この記事を書いている人 - WRITER -

あなたはFXの複利を使えば10万円が5カ月で100万円、さらに1年で1,000万円という話をきいたことはありますか?

 

この数字はネットや書籍でもよく見かける数字です。

 

10万円が5カ月で100万円なんてかなり凄い数字だと思いませんか?

これだけでも元手が10倍になっていますよね。

 

これがさらに1年後だと1,000万円なのでなんと元手は実に100倍です!

 

「ありえません!こんなの詐欺です!詐欺だ~!」

 

私自身FXも複利も何も知らずにこんなことを聞けば完全に詐欺と断定しているような気がします(笑)

FXで複利の計算は夢がありますが机上の計算通りにはうまくいかないものです。

 

RYU
こんな話を聞けば世の中そんなにおいしい話なんてない!ってなりませんか(笑)
ゆず茶
もちろん思いますよ!私ならもう近付くのもためらうレベルの怪しさです(笑)
RYU
ですよね。いくらなんでも1年で100倍なんてと考えるのが当たり前だと思います。

ただこれは詐欺でもなんでもないのですが、まずはFXの複利について見ていきましょうか!

ゆず茶
はい!この怪しさから解放して下さい(笑)

 

FXの複利って何?

複利とは金利の一つになりますが複利のほかに単利というものもあります。

 

この複利はあの天才数学者のアインシュタインが、

「数学における最も偉大な発見は複利である!」

という言葉を残しているくらい複利は絶大な威力を持っているものです。

 

それでは複利を説明して下さいといわれてあなたはしっかりと説明できるでしょうか?

 

できる方は1-1.一般的な単利と複利の違いは飛ばしていただいて結構ですが、まずはこの複利と単利の違いから見ていきましょう。

 

一般的な単利と複利の違い

複利と単利の違いを一言で表わすとしたら、利息を元本に組み込むのかどうかということになります。

 

これだけではいまいちイメージしずらいかと思うので具体的に数字を出して見ていきましょう。

 

あなたが100万円を元手に資産を運用したとします。

この時に年利10%で運用した場合にでる1年目の利益は10万円になります。

この時1年後の資産は単利も複利も110万円と同じになります。

 

違いがでるのは2年目からです。

単利は1年目と同じように初めの元本の100万円に対して年利10%で運用するので2年目も10万円の利益となります。同じように考えて毎年利益は10万円になります。

 

これに対して複利はでた利益を元本として組み込んで次に運用するので、1年目で出た利益10万円を初めの元本と足して110万円で2年目に計算します。

つまり複利の2年目は110万円に対して年利10%で運用することになるので2年目は11万円の利益となります。

 

2年目終了時の資産を比べてみると、

単利:120万円 複利:121万円

となります。

 

ゆず茶
1万円複利の方が多くなるんですね♪でもこれのどこが絶大な威力なんですか(笑)
RYU
早まっちゃだめです(笑)2年目では確かに1万円の差しかありませんがこれが10年後だとどうなると思いますか?
ゆず茶
う~ん、この感じだとそんなに変わらないような気もしますが…

 

それでは10年後の資産を見てみると、

単利:200万円 複利:約260万円

になります。

 

さらに20年後の資産を見てみると、

単利:300万円 複利:約670万円

になります。

 

◆元本100万円・年利10%での単利と複利の違い◆

年数 単利 複利 差額 年数 単利 複利 差額
0 100 100 0 10 200 260 60
1 110 110 0 15 250 418 168
2 120 121 1 20 300 673 373
3 130 133 3 30 400 1,745 1,345
5 150 161 11 50 600 11,740 11,140

(単位/万円)

 

ゆず茶
ええ~!10年後は60万円で20年後は370万円も違うんですか!?
RYU
50年だと1億以上も違うんですよ。すごいでしょ!だから絶対に複利で借金なんてしちゃだめですよ(笑)
ゆず茶
複利恐るべしですね…
RYU
複利の凄さがわかったところでFXにおける複利の考え方を見ていきましょう。

 

FXの複利は枚数の増加!

FXでの複利は枚数を増やすことでその威力を発揮します。

 

枚数とはFXにおける取引の単位のことです。

 

詳しくはこちらの記事にも書いています。

⇒FXのレバレッジは天国!?地獄!?

 

レバレッジ25倍で1ドル100円のドル円を1枚取引するのに必要な金額は40,000円なので、資産が40,000円増えれば1枚取引単位を上げることができます。

 

1枚で取引していた場合1枚増やす為には40pips獲得する必要があります。

 

では同じように2枚で40pips獲得した場合は何枚増やせるでしょうか?

2枚で40pips獲得した場合は80,000円資産が増えますので次は2枚増やせる計算になります。

 

…うすうす気づいてきたのではないでしょうか(笑)

 

そうです、次に4枚で40pips獲得した場合は4枚増やせるので、

仮に40pips獲得ごとで考えると、

1枚⇒2枚⇒4枚⇒8枚…

と倍々で枚数も利益も増えていく事になります。

 

つまりFXの複利とは資産が増えた分枚数を上げる事によって利益の増加率もあがっていくということになります。

 

1年で100倍は数字的には可能なのです

先ほどの複利の考え方を最大に活かして考えると実はタイトルにもあるような1年で100倍の資産は可能な数字となります。

 

軍資金:100,000円 開始枚数:2枚 1日獲得pips:10pips

枚数を上げる基準:40,000円増加ごとに1枚

 

このような条件で実際に計算をしてみると、

50日後:252,000円

100日後:769,000円

150日後:2,520,000円

200日後:6,645,000円

260日後:14,895,000円

というように1年後(FXの1年間の取引日数は約260日になります。)には1,000万円を軽く超えてきます。

 

 

これを見ればFXの複利の凄さがおわかりいただけるのではないでしょうか。

「1年間で100倍なんて夢のような話じゃないですか!」

「そんなに稼げるの!?早速始めたいんですけど!」

と思ったあなた!

 

FXはそんなに甘いものではありません!これはあくまでも計算上の数字です!

 

水をさすようですがこのような計算通りになることはほぼ100%ありません。

 

もしもこれが簡単に実現できるとしたらFXでお金持ちになっている人がもっと周りにいてもおかしくないですよね(笑)

 

この計算にはFXにおけるある重要な要素を全く考えていないからです。

 

そこで登場するのがメンタルです。

 

複利に立ちふさがる壁

1日10pips伝説は聞いたことがあるでしょうか?

 

FXでは有名なパンローリング株式会社という出版社が出している、「FXの子鬼たち」という書籍の中にでてくる凄腕トレーダーの話なのですが、その戦略というのが1日に10pipsとれればその日のトレードは終了するというものです。

 

実は先ほど計算した数字もこのルールのように1日10pipsで計算しています。

 

ここであなたに質問です。

 

Q1:FXで1日10pipsとるのは難しいことだと思いますか?

 

その答えは NO です。

 

実は10pipsを取る事はFXにおいてさほど難しいことではないのです。

 

 

それではさらに質問です。

 

Q2:毎日10pips取り続けることは難しいことだと思いますか?

 

これは激しく YES になります。

 

1回だけ10pipsとるのと毎日10pips取り続けるのとでは天と地の差があります。

 

この理由はいくつかありますが、まず毎日10pipsと決めてしまうのがそもそもの間違いです。

 

相場には大きく動く日もあれば全然動かない日もあります。自分の手法にとって難しい日もあればがっちりとはまってやりやすい日もあります。

 

このように日々の状態が変わって来る相場で同じ結果だけを求めるのはおかしい話で、やはりしっかりとれる日には10pipsといわずとれるだけとったほうがいいですし、逆にマイナスの日も出て来るはずなので毎日10pips獲得というのがいかに難しいかがわかります。

 

トレーダーは安定したパフォーマンスを求めて自分の手法を確立するための努力をするのですが、それでも毎日勝つことはとても難しいことです。

 

手法探しについてはこちらの記事にも書いているので読んでみて下さい。

⇒FXの手法選びで悩んでいるあなたへ贈る3つのアドバイス

 

この毎日勝つというだけでも難しいのですが、これに加えて複利を考えた時にでてくる重要な要素が枚数増加によるメンタル負荷になるのです。

 

 

枚数増加によるメンタル負荷

枚数増加によるメンタル負荷とは枚数が上がる事によって変わる金額の増減に精神的な負担が大きくなってパフォーマンスに影響がでる現象です。

 

想像してみて下さい。

 

あなたがこれまで1枚でトレードしていたとしましょう。

この時10pips負けた時にはマイナス1,000円です。

 

「1,000円負けた~。これで夜ごはんでも食べれた~。」

なんてことを思うかもしれません。

 

実際に私も日常生活で使う金額に近い数字でトレードしていた頃は負ければあれ買えたこれ買えたと色々思っていました(笑)

 

ところがこれが枚数が増えていき5枚になって10pips負けた場合は5,000円のマイナスになって損失は5倍になります。

 

「5,000円負け!?アルバイトしたら何時間分!?」

となりませんか?

 

負ける金額が何倍にもなるというのは精神的にかなり大きな負担になります。

 

もちろんその分利益の金額も増えるわけですが一般的に人間は自分のものが減っていく方が精神的に負担がかかるといわれています。

 

ゆず茶
めちゃめちゃわかります~!私も1枚から2枚にしただけで2倍動いて心臓がバクバクしていました(汗)
RYU
そうですよね。枚数を上げるという事はそれだけ動く金額もあがっていくので気持ち的にも同じようにはいかないものです。
ゆず茶
めちゃめちゃわかります~!私も1枚から2枚にしただけで2倍動いて心臓がバクバクしていました(汗)
RYU
そうですよね。枚数を上げるという事はそれだけ動く金額もあがっていくので気持ち的にも同じようにはいかないものです。

 

恐怖心

この枚数によるメンタル負荷を克服するためには経験と慣れが必要になってきます。

 

増やした枚数での金額の増減を何度か経験してその値動きに慣れるまではやはり普段よりも大きなメンタル負荷がかかりますし、その期間はパフォーマンスも落ちてしまうこともあります。

 

これだけ考えても計算通りにはいかなりということをイメージ出来るのではないでしょうか。

 

そしてこの慣れを習得するためには恐怖心とプロスペクト理論を克服する必要がでてきます。

 

恐怖心がでてくると何が起こるのでしょうか?

 

FXでは自分のルールをいかに徹底できるかということが非常に大事なポイントになりますが、このルールを守れなくなる可能性がでてきます。

 

「ここまできたらロスカットしよう」

 

と決めていても枚数が上がって金額の動きも大きくなったことで、

 

「え!?もうこんなにマイナスなの!?」

 

と慣れないマイナス額に恐怖心がでてきます。

 

「こんなマイナス受け入れられない!早くなくなってくれ!」

 

こんな感情がでてきて、その結果ロスカットを守らずに引き延ばしてみたり、少し逆行しただけでもう怖くなってチャートを冷静にみれなくなります。

 

チャートを冷静に見れなくなると最悪の結果を引き起こすメンタル崩壊にも繋がる可能性が高くなります。

 

メンタル崩壊の危険性についてはこちらの記事をお読みください。

⇒他人事では済まない!FXで大損する人が通る2大ルート

 

特に枚数が増えてのメンタル崩壊はとても大きな損失になってしまうのでこれを起こせばさらに恐怖心が生まれるという負のスパイラルがおこってしまいます。

 

 

プロスペクト理論

プロスペクト理論はとても有名な理論です。

 

以下の質問を考えてみて下さい。

Q1:あなたが次の選択肢を提示されたらどちらを選びますか?

 A.無条件で100万円がもらえる
 B.コインを投げて、表なら200万円もらえるが裏なら何ももらえない。

Q2:あなたが200万円の借金をしているとして次の選択肢を提示されたらどちらを選びますか?

 A.無条件で100万円借金が減って、借金の残りは100万円になる
 B.コインを投げて、表なら200万円もらえるが裏なら何ももらえない。

いかがでしょうか?

 

Q1の場合はほとんどの人がAを選択します。ギャンブル要素で1円ももらえないよりは確実に100万円をもらっておきたいという思考が働きます。

これに対してQ2はどうかというとAは確実に100万円の借金が減るにもかかわらず、ほとんどの人が今度は2分の1で借金が減らないギャンブル要素のあるBを選ぶそうです。

 

このことから何がわかるのかというと

利益に対しては確実性を求めて損失に対しては全てを回避したい

というのが人間の本能だということです。

 

要するに人間は利益よりも損失の方に大きな反応を見せるということです。

 

これをFXにあてはめて考えると、目標を決めていたけど実際に利益が乗り始めるとすぐに利益を確定したくなって、逆にマイナスが発生した場合はロスカットをしっかりせずに損失が全部なくなるまで確定できなくなってしまいます。

 

これが枚数を上げるとさらに強く作用してしまいがちです。

 

いついかなる時でも自分のルールを守る事を第一の優先事項としてトレードしましょう。

 

FX会社による制約

このFX会社の制約は始めたばかりの人はまだ気にする必要はないかもしれません。

 

仮に複利を使ったトレードがとても順調だったとして、永遠に複利で枚数を上げて稼げるのかといえばFX会社によって枚数の上限が設定されていてそうではありませんよということです。

 

といっても上限は何千枚までといったところが多いので、その上限に到達するまでにはとても長い道のりですし、そこに到達する頃にはかなり多くの資産が築けている事と思います。

 

無制限でどこまでも枚数は上げることはできないくらいで頭に入れておくだけでいいのではないでしょうか。

 

それでも複利は素晴らしい

ここまで枚数を上げることによるマイナス面を見てきましたが、それでも複利はFXでも最大の魅力的な要素です。

 

この複利を利用するからこそ自分のたてた目標に必要な金額に近づく事ができますし、通常に働いただけでは稼げない金額を稼ぐことができるようになります。

 

2.複利に立ちふさがる壁ででてきたものはなんとしてでも乗り越えていきたいところです。

 

そのためにはやはりしっかりとした心構えや相場に対する知識、自分の手法の確立とそれに対する自信を持っていきたいところです。

 

そしてまずは何よりも余裕を持ったトレードをして常に平常心でいられる状態が大切です。

 

そのためにはしっかりとトレード計画をたてる必要があります。

 

計画的な運用と目標をたてる

まずは自分が現段階で最終的にいくら稼ぎたいのかをしっかりとイメージしましょう。

 

月に○○円稼ぎたい!というように月単位で目標をたてるのがいいと思います。

 

そしてそのためには何枚でトレードできるようになれば達成できそうなのかという目標も同時に考えます。

 

もちろんあくまでもイメージなので絶対的なものではないですが自分の最終的に辿り着きたい場所を理解することは大切なことです。

 

例えば月に100万円稼ぎたい!そのためには20枚まであげれば達成できそうだな。今はまだ1枚だけどこれくらいのペースで枚数を上げていけばこの時期には達成できるかもしれない。

 

といった感じである程度の目標をたてます。

 

この時に注意することは冒頭のシミュレーションのような常にフルレバレッジ(資金内の最大枚数)で精神的に余裕もないような計画は絶対にダメだということです。

 

自分の性格やメンタルを自己分析してどのくらいの余裕資金があれば冷静にトレードできるのか?枚数を上げてすぐには慣れないだろうから期間も多く見てみるとか目標までの道のりは自分に合ったものにしましょう。

 

それだけ分析してもメンタルは思うようにいかないくらい難しいものです。

 

ゆず茶
自分のメンタルってほんとにわからないです(笑)最近はあ、ここで負けたらやっちゃうかも…って少し思うようになりました(笑)
RYU
その感覚はとっても大事ですよ!どんな負け方が自分のメンタルに影響するのかがわかるって超重要です!

なのでゆずさんいい傾向じゃないですか♪

 

さらにシミュレーションでは1日○○pips獲得した場合のように計算しますが、1日○○pipsはあくまでも目安となる数字です。

 

取れる日もあれば取れない日だってありますので、月に○○pips目標としてそれを平均したら1日これくらいだなという感覚になります。

 

相場が一定でない以上、必ず1日○○pipsまたは○○円とらなければいけない!というのは危険です。

 

あなたがまだ相場経験がないのであれば、1日○○pipsというイメージもできないと思いますのでまずは10pipsをとることはどれくらいのことなのか、その枚数でどれだけ動けばどれくらいの金額が動くのかといったことを肌で感じてみて下さい。

 

自分の資産を使わなくてもできるデモトレードなどもありますので、肌で感じるだけならばこちらでも十分大丈夫です。

 

余裕資金の考え方やデモトレードなどについてはこちらにも書いています。

⇒FXの軍資金は最低10万円を激しくおすすめする理由

 

軌道修正は何度でもする

「目標までのイメージはできました!あとは実行するだけです!」

 

といって自分の中でとても余裕のある計画を立てたとしてもその通りに結果が付いてこないのがFXです。

 

そうなった場合に、

「うわ~!全然計画通りにいってない!もうダメ。」

となるのはやめましょう。

 

あくまでも計画は計画です。必ずその通りにしなければならないということもありません。

 

目標までの道のりのイメージなので道がそれた場合はもう一度計画を修正すればいいだけです。

 

「どうせ何度も修正するなら初めから計画なんていらないんじゃ…」

 

と思われる方もいるかもしれませんが、もしも計画や目標がないのであればなんのためにFXをやっているのかがわからなくなります。

 

とりあえずお金を稼げればいいというような抽象的な目標よりも、お金を○○稼いで○○をしたい!といった具体的な目標の方が人は頑張れますし軌道修正もしやすくなります。

 

あなたはなぜFXでお金を稼ぎたいのか?そのお金で何をしたいのか?これは人それぞれだと思うのでしっかりと自分の目標を見据えてそれに向かって一歩一歩進んでいきましょう。

 

ゆず茶
なにを隠そう私は軌道修正しまくりです(笑)
RYU
私もそうですよ!(笑)途中までいい感じで進んでいてもつまづく時だって必ずありますから。
ゆず茶
ですよね(笑)何回も計画たてなおしてますがスタートから見ると少しは進めてます♪
RYU
それが大切ですよ。ただし、計画をたてても自分のルールができていなければただの計画になっちゃうので気をつけて下さいよ。
ゆず茶
承知です~!エリア手法を使った自分なりのルールはいちおできているのでそれを守って目標に向かいますよ~~☆

 

まとめ

いかかだったでしょうか。

 

FXの複利はとても魅力的なものですが、使い方を誤ると怖いものでもあります。

 

魅力を最大に活かせるようにしっかりと計画をたてて経験を積んでメンタルも成長させていけばあなたの目標も近づいてくるのではないでしょうか。

 

FXは机上の計算通りにはなかなかいかないものですが、軌道を修正しながらでも複利を味方につけていきたいところですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.