2017/06/24

トリガーと優位性をチャートから見つけることが大切です

 

この記事を書いている人 - WRITER -

チャート上でトリガーが発生したということは自分のルールで優位性が発生したということです。

トリガーや優位性の言葉を調べてみると、

トリガー:引き金、きっかけ
優位性:何かと比較して優れている点や性質の事

といった意味が出てきます。

 

ではエリア手法でのトリガーや優位性とは何を意味してどのように使っていくのかといえば、それは次に自分が思った方向にいく確率が高いと考えられる動きやその動きが出た場所という意味で使っていきます。

 

これだけではイメージしにくいと思いますので下図をご覧ください。

 

 

例えば、ロングを狙っていた場合には、当然ある上昇A→Bの動きに対して押し目買いを狙うことになります。

 

そして、押し目候補を定めてエントリーした後は、上昇A→Bの高値更新を目指すことになります。

 

この時に上昇A→Bの波を更新していくであろう動きがあって初めて上昇A→Bに対して押し目買いを狙っていこうと考えることになります。

 

このような直近の高値・安値を更新していくであろう動きが出ることを、FXプランナーでは「トリガーが出た」と表現しています。

 

ロングのトリガーが出た場合には、上昇A→Bの波を更新していくであろうと考えられる押し目買いを狙い、直近高値でもあるBの上抜けを期待してC→Dの動きを狙っていくことになります。この時「上昇A→Bに対して優位性がある」という表現をします。

 

これが目線がショートの時にショートトリガーが出たのであれば、「下降X→Yに対して優位性がある」といえます。

 

エリア手法ではトリガー発生で”優位性”を理由に狙っていくエントリーがメインとなります。

 

トリガーについては『エリア発生の代表的な形(トリガー)』で詳しく説明したいと思います。

 

バトル決着の初動をいかに狙っていけるか、また『押し目買いと戻り売りはFXで最も王道となる売買戦略です』で書いたように、上昇トレンド中の押し目買い、下降トレンド中の戻り売りの精度をいかにあげるか、ということが安定したパフォーマンスに繋がっていきます。

 

優位性を見つけてエントリーの精度を上げる事がエリア手法でのメインとなる利益の上げ方です。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.