2017/06/24

エリア手法におけるエリアとは一体何かを知ろう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

エリアとは買い手や売り手が意識するであろうレート帯のことで、サポートまたはレジスタンス候補になる場所です。

ここではエリア手法の「エリア」について説明していきます。

 

一言でエリアを表わすとしたら、

「売り手や買い手が意識するであろうレート帯」

といえます。

 

エリアとは売り手や買い手が意識するであろうレート帯の候補をチャート上で表わしたもの

 

エリアは売り手と買い手どちらにも存在していて、

「ロングエリア(買い手のエリア)」

「ショートエリア(売り手のエリア)」

に分かれます。

 

『サポートとレジスタンス』で書いたように、サポートされるであろう候補をレート帯でチャートに表現したものとなっています。

 

「ロングエリア」では下降してきたチャートがそのエリア内でサポートされて再び上昇するであろう候補、「ショートエリア」では上昇してきたチャートがそのエリア内でレジスタンスされて再び上昇するであろう候補となります。

 

そして、さらにエリアには数種類が存在しています。

 

 

ターニングエリア

売り手と買い手がバトルにおいて決着を着けたエリア。

このターニングエリアを抜けると再び目線が変更になるエリア。

例えばロングのターニングエリアを下に抜けると、目線はロングではなくなり、フラット(方向感がなくなる)かショートに変更になります。

 

シンプルエリア

単純に押し目買いや戻り売りを狙うエリア。

このエリアを抜かれたとしても目線が変わる事はありません。

例えば上昇の押し目買いを狙いたいがターニングエリアからかなり乖離した場合などは、このロングのシンプルエリアから狙ってみることになります。目線が変わる事がないということに注意が必要となります。

 

リターンエリア

利益確定を目的としたエリア。このエリアからエントリーを狙うといった性質はありません。

例えばロングを持っていた場合に、上にショートのリターンエリアがあった時は、そのエリアで一度利益確定をしたほうがリスクが少ないと考えます。

 

エリアには以上のような性質のものが存在しますが、ほとんどの場合はまとめてロングエリア、ショートエリアという表現をする場合が多くなります。

 

ゆず茶
なるほどです。ということはロングエリアと一言でいってもどのような性質で使うのかは自分で判断していくということですか?
RYU
そうですね。例えば上昇トレンドで押し目買いを狙う時に上昇トレンドになるきっかけとなったエリアはターニングエリアですけど、単に押し目買いを狙うエリアはシンプルエリアということですね。
ゆず茶
むむむ…わかったようなわからないような…
RYU
順番に勉強していけばわかってきますのでここではエリアにはこんな性質があるんだな~くらいで大丈夫です!
ゆず茶
わかりました!ではそれだけにしておきます(笑)
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.