2017/06/24

レートの幅で考えるエリアの形を覚えよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

上限と下限に囲まれたエリアは四角形で表わされます。

”エリア手法におけるエリアとは一体何かを知ろう!”でも説明したように、エリアは売り手や買い手が意識するであろうレート帯を意味しています。

 

エリアには上限と下限の2本のラインが存在します。

 

言い方を変えると上限と下限に挟まれた部分を『エリア』と呼びます。

 

エリアには上限と下限と呼ばれる2本のラインが存在していて、その2本に囲まれたレートの幅がエリアとなります。

 

チャート上でこのエリアを見た場合には下図ような四角形で表わされる事になります。

 

FXプランナーでは、ロングを狙うために引くロングエリアを赤色ショートを狙うために引くショートエリアを青色で表示しています。

 

ゆず茶
名前の通りですけど、押し目買いを狙いたい時にはロングエリアで戻り売りを狙いたい時にはショートエリアを使うんですよね♪
RYU
その通りです。エリア手法はこのエリアをチャートの中のどこに設定するかということが全てともいえますね。
ゆず茶
このエリアをチャートで引いてあれやこれやしていくわけですね(笑)ふふふ…
RYU
なにたくらんでるんですか(笑)このエリアを引けるようになるためにエリアの引き方や引くための理由なんかを今後勉強していきましょう!
ゆず茶
かしこまり!!
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.