2017/06/24

それぞれの判断によって生じるエリアの誤差を理解しよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

エリアは決着点の判断によって個人個人でズレが生じるものだと理解しよう。

エリアの理解して実際にチャート上で引くようになると必ず出てくる疑問や質問があります。それが「自分の上限・下限は合っているのか?」というものです。

 

これに対する答えとして、定義でもあるバトルの決着点がポイントになってくるのですが、バトルの決着点とはバトルを終わらせるきっかけになったレートです。

 

この定義は変わりませんが、この決着点については個人差が生じてきます。

 

なぜならば定義はあっても絶対的な答えというものがないからです。

 

数学のように答えは一つの数字とはなりません。また、安値・高値についてもどのレートを高値・安値で見るのかによって若干レートは変わってきます。

 

ショートエリアを引く場合にどこで引くのが正しいのか?

 

これは「その人が決着点と思えたレートに引く」のが正解です。

 

エリアの上限・下限となるバトルの決着点は自分が判断したレートに引くのが正解です。

 

大事な事は自分がしっかりと決着点だと思える場所に引き、そしてその自分のエリアでしっかりとトレードすることです。

 

FXプランナーで出てくるエリアと寸分違わず同じものを引かないといけないという事はありません。これはエリアの学習を進めていくうえでありがちな疑問となりますので覚えておいてください。

 

ただし注意しておきたいのは、バトルの決着点や高値・安値に誤差は生じる事はありますが、バトルの場所そのものが的外れな場所では勝率が悪くなる可能性がありますので、その場合はもう一度バトルの場所を見つけるところからじっくりと検証していただきたいと思います。

 

ゆず茶
そうはいってもやっぱり自分の判断になかなか自信持てないですよ~(T-T)
RYU
その気持ちもわかります!初めは誰でも自信なんて持てないものです。
ゆず茶
ですよね!やっぱり真似したい正解が欲しいって思っちゃいます…
RYU
最初のうちは真似というかこのブログなどでもでてくるエリアを参考にするのはもちろんオッケーです。

あ~、こういうところに引くんだな~って感じで見て下さい。

ゆず茶
ふむふむ
RYU
ですが最終的には自分でしっかりと判断して引けないといつまでたってもトレードができなくなっちゃいます。
ゆず茶
その判断は自信なくてもいいんですか?
RYU
全然構いませんよ^^自信なくてもとにかく自分で決着点だと思うところを使ってエリアを引く練習をして下さい。

ただし、実際にトレードすると損失になる可能性もあるのでまずは過去チャートなどで練習してもらえればと思います。

ゆず茶
わかりました!まずはエリアを自分なりに引く練習をしようってことでいいですか?
RYU
それが大事ですね!エリアに正解はないので自分がここだと思う場所に引いてエリアを引くことにまずは慣れてみて下さい。
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.