2017/06/24

時間足によって狙う方向が違う場合があることを理解しよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

大きな時間足の目線がロングでも小さな時間足ではショートの形になっている事もあります。

『エリア手法で複数時間足を使う意味をしっかりと理解しよう!』の記事では時間足の違いが何をもたらすのかについて説明しましたが、ここでもう一つの違いについて説明します。

 

それが現状の目線の方向の違いです。

 

目線とは現状の形はロングを狙う形なのかショートを狙う形なのかということです。

 

当然上昇局面ではロングを、下落局面ではショートを狙う事になるのですが、この方向が複数時間足では変わってくる事があります。

 

 

上図をみなさんが見たときにどちらのエントリーを狙っていきたいでしょうか?
上昇トレンド中に見えるのでロングを狙いたいと考えるのではないかと思います。

 

では次のチャートならいかがでしょうか?

 

今度は逆に下降トレンドに見えるのでショートを狙いたくなるのではないでしょうか?

 

今見てもらった二つのチャートですが、実は同じ局面を表わしているのです。

 

どういう事かというと上の図は4時間足のチャートで、下の図は5分足のチャートなのです。

 

そして、②の5分足のチャートは①の4時間におけるAで囲んだ部分になります。

 

つまり、大きなチャートでもある大きな波のサイズで見た場合にはロングを狙いたい、しかし、小さなチャートの小さな波のサイズで見るとショートを狙いたい。

 

4時間足:ロング 5分足:ショート どちらも現状の形となります。

 

これで2つの時間足で狙いたい方向が逆になってしまいました。

 

一体どちらを狙えばいいのでしょうか?

 

どちらも狙えばロングもショートも狙うことになりエントリーが出来ないという矛盾が起きてしまいます。

 

実際の相場では全ての時間足が同じ方向を向いているということはほとんどありません。

 

このような場合にどのように考えてどのようにトレードをしていけばいいのかこれをまた別の記事で学んでいただきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.