2017/09/19

エリアには目標や転換の予測ポイントとしての役割もあります

 

この記事を書いている人 - WRITER -

目標とするエリアまで到達したら利益を確定して、ここから転換するかを確認することになります。

目標とはその名の通り現在の相場の動きが目指しているポイントということになります。

 

上昇トレンドが起こっているということは買い手がどこかのバトルで決着点を発生させた後にどこかを目指している途中だということです。

 

では何を目標とするのかというとここも「エリア」ということになります。

 

目標となるエリア

『相場の目線と背景を決めることはトレード準備の1番手です』で背景となる目線を決定しました。

 

そして仮にその背景を1時間足としてロングだった場合、その上昇はどこかで止められて転換することになります。

 

それまでの上昇を崩していくわけですから当然大きな売り手が参加してくることになります。

 

ではそのようなポイントはどこになるのでしょうか?

 

それが一つ上の時間足のレジスタンスとなります。

 

1時間足では上昇トレンドが発生し上昇中ですが、4時間足を見るとAというショートエリアが存在しています。

 

背景となる時間足を1時間足と決定しているので、ロングを狙ってトレードするのは正しいですが、時間足が大きいほど強いという考え方を思い出すと、この4時間足のショートエリアを無視することは出来ません。

 

なぜならばここから転換が発生する可能性が高いと考えるからです。

 

転換発生のリスクを背負ってまでロングを狙うのは危険な行為となります。

 

つまりこの背景の一つ上でもある4時間足のレジスタンスこそが目標ということになります。

 

つまり、この場面で1時間足を背景としている人はA到達を目指してロングを狙っていることになります。

 

逆に4時間足を背景と決定した人ならばこのAのショートエリアからショートを狙っていくことになります。

 

1つ上の時間足のサポートやレジスタンスを目標にする

 

転換の発生

次に転換についてですが、転換が起こる場合には、小さな時間足から順番に大きな足へと波及していくことになります。

 

もう一度先ほどの図を見てみましょう。

4時間足のAというショートエリアで転換が発生する場合、まずはA到達後に1分足のチャートが下降に変わることになります。

 

Aのエリアまでは上昇を描いてきていますから目標到達時点では当然短期足は上昇トレンドを作っていますし、その間にそれぞれの時間足にロングエリアも発生している可能性が高くなります。

 

これが転換するならば、まずは1分足のロングエリアを下抜けて、次に5分足のロングエリアを下抜けて…といった感じで買い手がそれまで作ってきた上昇トレンドを順番に倒していきます。

 

ロングエリアを倒す際にはバトルが発生する事が想定できますし、バトルが発生した後に下に抜けていくならば逆に今度はショートエリアが発生することになります。

 

このように小さな時間足から順番にロングエリアの崩壊⇒ショートエリアの形成という動きを見せて最終的に4時間足の戻り売りという大きな下降の波に発展していくのです。

 

4時間足を背景とする人は、Aのエリアに入った後、1分足や5分足のショートエリア発生を利用して狙っていくことになります。

 

今回は上昇のロングの例で説明しましたが、これが下降であれば当然逆の考え方となります。

 

転換は小さな足から順番に始まっていく
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.