2017/09/19

最終目標や短期目標の分類を見極めて使い分けをしよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

長期の最終目標に辿り着くまでには短期にも目標を定めることができます。

『エリアには目標や転換の予測ポイントとしての役割もあります』で目標とは一つ上の足を利用すると書きました。

 

ロングを狙っているのであれば一つ上のショートエリアまで、ショートを狙っているのであれば一つ上のロングエリアまでといったことになります。

 

しかし、実は目標にはいくつかに分類することが出来ます。

 

最終目標

目標を分類にわけるとしたら、初めにお話しした一つ上の目標エリアは最終目標と呼ぶことができます。

 

最終という言葉がある以上、当然その前にもいくつかの目標があることは想像できるかと思いますがこれからそれについて説明します。

 

下の図を見てみましょう。

 

例えば1時間足を背景としてそれがロングだった場合には上図のように1時間足のロングエリアSから狙っていくことになります。

 

そして、1時間足の高値であるAの更新、4時間足のショートエリアRが最終目標となります。では必ずRを目標にしなければいけないのか?といえばそうではありません。

 

なぜならばその前にも目標となるポイントが存在するからです。

 

それが下位足のショートエリアとなります。

 

下位足での目標

先ほどの図で確かに1時間でサポートされて順調に一直線に上昇すればいいですが、必ずしもそうではなく短期足が様々な動きを見せながら動いていきます。

 

その中にはせっかく利益が出ていたのに逆にマイナスに陥ってしまうケースも出てきます。

 

また、1時間足レベルの波で高値更新を狙うということは、数時間、下手をすれば何十時間とポジションを保有しなければいけないケースもあります。

 

そのように時間や短期足の嫌な動きに耐えられないような場合に、下位足のショートエリアを目標として利益を確定させる方法もあります。

 

先ほどの図では高値更新をするためには、A⇒Bという下降を巻き返す必要があります。

 

 

この時A⇒Bの下降を例えば15分足で見た場合に、このように15分足のショートエリアYが存在しています。

 

Aを上抜けていくためにはこのYとバトルして勝つ必要があります。

 

根底にある大きい時間足が強いという考えならば上抜けていくことになりますがもちろん100%ではありません。

 

となるとそこにはロングを保有するリスクも出てくることになります。

 

そのリスクを取りたくない場合にはこのショートエリアYで利益を確定することも間違いではありません。

 

同じように5分足、1分足にもショートエリアが存在しているかもしれません。

 

これらを利用してどこに目標設定をするのか?の選択をすることができます。

 

このように目標を分類してどのように攻めていくのか、どこで利確するのかを考えながらトレードをしていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.