2017/09/15

FXで利益を出すためにリスクを限定することはとても重要なことです

 

この記事を書いている人 - WRITER -

リスク限定とはその名の通りリスクを絞り最小限に止めるという意味です。

 

 

エリア手法ではこのリスク限定は非常に重要であると考えており、これをしっかり実行するかしないかで大きな違いが生まれます。

リスクを限定したトレードを繰り返すことによって利益を積み重ねていくことができます。

 

エリア手法ではエリア内で勝負していくことでリスク限定をすることが出来ます。

 

エリアを使ったリスク限定

例えば

でも出てきた形を使って説明すると、

  

上図ではロングエリアAが形成されています。

 

これだけを見るとエリアの値幅はわかりませんが、まずはエントリーの範囲を上限のBから下限のCまでと限定することが出来ます。

 

当然この値幅内でロスカットを許容出来るのであればエントリーを上限B、ロスカットを下限C下抜けと決めて狙っていくことになります。

 

エリアの値幅と許容範囲

例えば先ほどの図でこのチャートにおける1時間足ロングエリアの値幅が50pipsあり、自分のロスカット許容範囲が15pipsだとします。この場合上限のBでエントリーをしてしまうと耐えることが出来ません。

 

仮に上限でエントリーした場合、ロスカットは下図のDのポイントになってしまいます。

 

当然まだロングエリア内にいますからここから上昇する可能性も十分考えられます。

 

 

 

であれば、せっかくのロスカットが何の意味も持たなくなってきます。

 

こちらの記事でも説明したように、ロスカットによって目線が変わるような場所、またはロスカットによって狙っていたトレンドの流れが一度途切れるような場所こそが価値のある場所といえますのでこれではその条件を満たしていません。

 

 

エリアでロスカットが許容できない場合はさらにリスク限定をする必要があります。

 

下位足でのリスク限定

先ほどの図ではロングエリアAは当然1時間足の押し目候補であり、ここからロングを狙いたいことは変わりません。

 

 

ロングが上昇するのであれば当然上限Bから下限Cまでの間で反転することになります。仮にYのポイントが下限Cから15pips以内であれば、先ほどの許容範囲15pipsを活かしてロングを狙う事も間違いではありません。

 

しかし、ここで注目したいのは下位足の流れです。

 

確かに図を見ると1時間足はロングの優位性が出ており、ロングエリアAまでの動きは押し目買いまでの戻りと見る事が出来ますがこれを下位足で見た場合はどうでしょうか。

 

実はこの押し目買いまでの戻りにおける5分足を見た場合には、ロングエリアA到達時点では下降トレンドが発生していることになります。

 

つまり先ほどのYのポイントではまだ短期足は下降トレンド中だといえます。

 

Yのポイントでのロングは短期足が再び上昇トレンドに切り替わるかどうかのリスクを受け入れるということになります。

 

そう考えると少しリスクが高い行為にも感じられるのではないでしょうか。

 

では一体どのように対応していけばよいのでしょうか。

 

この問題解決こそが複数足を使う最大のメリットであり、これを身につけることこそがエリア手法の真髄を習得するための条件となってきます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.