2018/02/27

FXの成績にも影響!?FX用パソコンに最適な5つの条件とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

前回までのセッションであるSTEP1

”FXを始める前に知っておくべきこと”

から一歩進んでSTEP2

”トレードに必要な環境を整える”

に入っていこうと思います。

 

前回記事は

”FXのトレードスタイルを決めることの重要性について”

 

書かせて頂きました!!

初心者の方は重要なことになりますので読んでおいて損はありまへんでw

 

さて、今日の本題は…

 

FXを始めようとしているあなた!でもパソコンに詳しくないからどんなパソコンを用意したらいいかわからない。FX用のパソコンってどれぐらいのスペックが必要なの!?

 

FXを始める時、最低限必要なものがパソコンになってきます。パソコンに売買ソフトをいれて取引したり、証券会社のWEBサイトを利用して取引するのが一般的です。

 

しかし、FXを始めたい!でもパソコンに詳しくないのでどんなパソコンを用意したらいいかわからない…

会社ではパソコンを使うけど、自宅にあるパソコンはかなり古い…

FX用のパソコンってどれぐらいのスペックが必要なのかわからない…

 

実際にFXに必要なアプリケーションがOSに対応していない事例もあります。

 

もしあなたがこれからパソコンを新規で購入してFXを始めようとしているならば、このような事態は避けたいはずです。

 

 

これからFXのトレードスキルを習得するにあたって、どういう点を踏まえてパソコンを選んだらいいのか、実際に私が使用しているパソコンと一緒にご紹介していきます。

 

RYU
ゆずさん。パソコンに詳しいですか?!
ゆず茶
いえ…ご想像通り。。まったく詳しくないです。。
RYU
ですよね(笑)

じゃあ今使用中のパソコンが壊れたとして、パソコンを買い替えることになったとすると何を基準にパソコン選びをしますか??

ゆず茶
…わかりません。。でもコストパフォーマンスが高いパソコンを選びたいと思いますが…
RYU
そーですよね!ここでは自分のトレードと生活環境を考慮したベストな1台をどのような基準で選べばよいかを見ていこうと思います。

 

FXパソコンにはWindowsを選択する

Windowsを進めする理由は大きく2つ存在します。

1つずつ説明していきます。

 

各証券会社が提供するツール(アプリ)がMAC非対応が存在

あなたのご自宅にMacシリーズの利用を考えているならパソコンしかないというのであれば

仕方ないですが、それ以外特に理由はないということであれば、激しくWindowsをお勧めいたします。

 

スキャルピング(取引期間を数秒から数分程度でトレードスタイル)、デイトレード(取引期間を数分から数時間)を行う場合、ほとんどの方は証券会社が提供するアプリを利用しています。

 

最近はMAC対応の証券会社アプリも増えてはきましたが、MACに対応していない証券会社も存在します。

 

【Mac対応のFX会社一覧表】

証券会社 mac対応状況 推奨ブラウザ ツール
GMOクリック証券 MacOS 10.11 Firefox
Google Chrome
DMMFX MacOSX 10.11 Firefox
Safari
外為ジャパン MacOSX 10.11 Firefox
マネーパートナー MacOS 10.9以上 Google Chrome
Firefox
Safari
みんなのFX MacOSX 10.7以上 Firefox
Google Chrome
ヒロセ通商 MacOS 10.11 Firefox
Safari
IG証券 MacOSX 10.6以上 Safari
Firefox
Google Chrome
ひまわり証券 MacOSX 10.4.7以上 Safari
Firefox
YJFX Mac OSX 10.6以上 Safari
Firefox
×

 

上の一覧表からもわかる通り、MACに対応していない証券会社も存在します。

 

超高性能であるMT4やMT5がMAC非対応なため

FXを専業にしている人や、FX歴が長い人が必ずと言っていいほど使用している超高性能のFXチャートツールがMT4(Meta Trader4)やMT5(Meta Trader5)です。

一言で言うならば「チャートの便利さ、高機能さに定評のある取引ツール」です。

 

なぜこのMT4やMT5が人気かといいますと、それは ”誰でも” ”無料” で使えることがおおきいです。

どんな便利な取引ツールでも利用条件が「口座開設者のみ」だとか「月額費用がかかる」だとか、条件が設定されている場合がほとんどです。

でもMT4やMT5なら大丈夫、無料で使用できます

 

Windows XP以降のOSがインストールされ、インターネットにつながったパソコンがあれば、すぐに無料で使用できます。

 

しかも、他のチャートツールに比べて超高性能!!

ここで身につけて頂くエリア手法にも必須のツールとなっています。

 

 

しかし、残念なことにこのMT4やMT5がMAC非対応となっています。

特別な理由がない限りWindowsを選択してください。

 

FXパソコンに最低限対応するスペックとは!?

FXを始めるために特別なパソコンは全く必要ありません。ディスプレイを何枚も並べる必要もありません。

もっというとノートパソコン1台でもFXを始めることは可能です。

 

私が個人的に考える最低限押さえておきたいパソコンのスペックはこちらです。

 

種類 推奨スペック
OS Windows7以上
CPU Core i3以上
メモリー 4GB以上
HD容量 250GB以上

 

上の表以上のスペックを持つパソコンならば、資産運用目的の利用には十分だと考えています。

 

FX用のパソコンとしてノートパソコンはあり?なし?

FXを始めるのにノートパソコンで始めることができるのか?!

答えは”YES”です。

 

ノートパソコンでもFXの取引は十分可能です。

 

画面が小さくて見にくい場合でも、現在、主流のWindowsノートパソコンはほとんどが外部映像出力が備わっていますので、大型のディスプレイ等に写すことも可能です。

 

また、ディスプレイを接続しデュアルモニターとしても画面を拡張することもできます。

片方のディスプレイでチャートを表示させ、ノートパソコンの画面で注文画面を表示させる等の使い方が実現可能です。

 

Macも外部映像出力(Mini DisplayPort)を利用して、本体付属の液晶を含めて2枚まで併設可能です。

 

実際に使用しているFXパソコンは?!

私が実際に使用しているパソコンを参考程度に紹介します。

スペックは以下の通りです。

PCスペック画像

 

種類 スペック
OS Windows10
CPU Intel(R)Core(TM)i7-6700 CPU @3.40GHz
メモリー 16GB
HD容量 HD:1TB×SSD:240GB
モニターサイズと数 21インチ×6枚
グラフィックボード

GeForce GTX 750 Ti

 

メインで使用しているディスクトップPCのスペックですが、トレード以外でも使っているためスペックは高めです。

ですが、モニター6枚を抜いて本体のみの価格は10万前後でした。(たぶん…笑)

 

おそらくコストパフォーマンス的にはかなりの高いレベルだと自負しています。

私が購入したサイトは”パソコン工房”です。

 

パソコン工房は日本国内で有名なBTOパソコンメーカーで、コスパが良いだけでなくカスタマイズ性にも優れています。

SSDやファン、電源ユニットの種類が他のBTOパソコンメーカーよりも遥かに豊富なため、品質の高いBTOパソコンを安く購入できます。

 

※BTOとは
BTOというのは、Build to Order の略語です。直訳すると受注生産になります。
具体的にいいますと、メモリーは何GBにするか、HDDをどのくらいの容量にするか、グラフィックボードを搭載するかどうか、OSをどのエディションにするかなど、自分の要望に合わせて、パソコンを注文できる方式をBTOといいます。

 

パソコン工房

 

私のトレード環境失敗談

私のトレード環境での失敗ですが、形から入ったことです。

 

私は形から入るタイプの人間で、実際にトレードしたことのないときから、デスクトップ1台にモニター6枚を20万もの大金を突き込んで購入したことです。

 

はっきり言います!!声を大にして言います!!

初心者にはモニター6枚も必要ありません。

 

そこにお金をつぎ込む余裕があるならば、FXを始める軍資金に回したほうが良いです!!

 

結局、今現在5枚のモニターに落ち着いて1枚のモニターは押し入れの中で息をひそめてる状態です…

 

最初はお金をかけずに、どれだけ自分が一番トレードしやすい環境を作っていくか、これがポイントになります。

 

まとめ

FXを始める上で、特別で高スペックなパソコンは全く必要ありません。

 

ぶっちゃけていうと今の時代に家電量販店で売っているようなパソコンであればどれを選んでも不自由はないと思います。

 

さらにあなたがFX未経験者ならディスプレイを4枚も6枚も買い揃える必要も全くありません。

 

まずは1枚で始めても十分トレードはできます。

 

3Dゲームや動画編集等、特別な用途には耐えられませんが、FX目的のパソコンであればご紹介した通り、Windows7以上/Core i3/4GB/250GB以上の性能を持つパソコンならば十分対応できます。

 

パソコンにつぎ込む資金に余裕があるのであればその資金をFXを始める軍資金に回してみてはいかがでしょうか。

 

1.FX目的のパソコンで特別なパソコンは必要ない!
2.低スペックパソコンでもFXは始められる!
3.ノートパソコンでもFX取引はできる!
4.無駄に高スペックなパソコンを選択せず、用途に合わせてスペックを考える!

 

今回は、FX取引という目的で見た時、どういうパソコンがいいのか、これから購入するにあたって何に注意したらいいのかご紹介していきました。

ご参考になりましたら幸いです。ではでは~~。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.