2017/09/15

エリア手法の真髄を掴んでエントリーに対する精度をあげよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ここで説明することはエリア手法の最大の根幹となることなのでぜひ身につけていただきたいと思います。

 

エリア手法の真髄を一言で表わすならば、

 

”長期サポレジ後に短期レジサポ抜けでリスク限定してエントリー”

 

となります。

 

ここで注目してもらいたいことが長期と短期でサポレジ・レジサポと逆になっているということです。

 

長期足の流れにのるためにはまずは短期足の逆方向のサポレジを抜けることが必要です。

 

長期足の中にある短期足のエリア

こちらの記事で、長期のエリアの値幅を許容出来ないのであれば、さらに短期足でリスク限定をする必要があるといいましたが、ではどのようにしていけばよいのでしょうか。

 

上図においてX⇒Yという流れで長期足のロングエリアA内に到達しています。

 

これを短期足で見ると下降トレンドになっているということはよいでしょうか。

 

下降のチャート形成は様々でこれについては『エリアまでのチャート形成』で説明しますが、

仮に上図のような形であった場合、短期足ではショートエリアBを形成していることになります。

 

 

もちろん、ロスカットの許容範囲であればCのポイントでロングすることも正しいですが、まずはこのショートエリアBの売りに勝つ必要があります。

 

 

逆にいえばこのショートエリアBに負けてしまえばエリアAは下に抜かれる可能性もあるということです。大きい時間足が勝つという前提を考えたとしても、出来る事ならばリスクは極力減らしたいものです。

 

短期足でのリスク限定

ではこの時最もリスクの低い状態とはどのような状態でしょうか。

 

それはショートエリアBを上に抜けた後です。

 

ショートエリアBを上に抜けることは、大きい時間足が勝つがまさに結果としてでた状態といえます。

 

 

こうなれば、短期足が上昇トレンドに転換する可能性も高くなります。

 

 

”長期足サポート後の短期レジスタンス上抜け”この動きが発生した後に短期足でリスク限定していけば最もリスクが低くロスカットも小さく抑えることができるのです。

 

 

ショートを狙うのであれば、”長期足レジスタンス後の短期サポート下抜け”という事になります。

 

 

これらのトレードをいかに繰り返すのか、これこそがエリア手法の真髄なのです。

 

 

ただし、物事には常にメリットとデメリットが存在していて、この真髄も例外ではありません。これについては別の記事で説明していきたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.