2017/09/18

相場はあなたの都合で動いていないことを心に刻みましょうというお話し

 

この記事を書いている人 - WRITER -

相場は常に誰かのためには動いてはいません。

相場に対して敵意が出てる時はあなたのメンタルが悪い状態だということです。

今日の記事はそれをしっかりと頭に入れて読んでいただきたいと思います。

 

 

相場に対する負の感情

みなさんは相場で負けている時にこんなことを思ったことはありませんか?

・今日の相場は絶対おかしい!
・くそー、絶対こうなるはずだったのに…
・自分だけどこかから監視されて攻撃受けてるんじゃ…
・絶対相場に嫌われてるに違いない
・なんでここで逆にいくんだ?他のトレーダーが間違ってる!
・なんで自分だけがこんな不幸な目にあうんだ…

などなど…

 

誰もが一度はこんなことを考えたりするものではないでしょうか?

 

私もFXを始めた頃はよく誰かがどこかから監視している…自分がトレードする時だけこんな動きになるなんて絶対におかしい!

なんて思ったこともありました(笑)

 

でも事実はチャートはトレーダーにとって敵でも味方でもありません。

 

ただただ、相場は情報を流しているだけの中立者なんです

それを判断しているのはまさに相場を見ているあなた自身です

 

人によって相場の捉え方が逆になることもある

例えばあるポイントのチャートを何人かに見せた時、ここはロングだという人もいればショートだという人もいます。

相場が動くということはその価格で売買が成立しているということですよね。

 

つまり同じ情報をもらっても全く違う考え方が発生していることになります。

 

そして、結果としてどちらかのポジションがロスカットになります。

 

勝つためにはより多くの資金が入るであろう方向にポジションをとる必要があります。

 

そして確率の勝負である以上は、全ての人が負けを継続的に経験することになります。

 

 

全ての人が経験するものに対して自分だけが不幸な目にあっていると考えるのは、それは自分の心が相場に対して不安感や嫌悪感を抱いている証拠です。

 

 

チャートを後から見ると、エントリーポイントが簡単に見つかるなんてことはよくありませんか?これまた私もよくあります。

 

これも本当はそのリアルタイムの時に相場が情報を発信しているばずなのです。

ただ、その時にはあなたが捉えることができていないだけなのです。

 

調子のいい時には相場もしっかり見えている

逆に綺麗にエントリーが決まってこのエントリーはよかったな。

自分で自分を褒めてあげたい。

 

なんてこともありますよね?

その時にはしっかりと相場が見えていたのです。

 

要するに、

今日の相場の動きはわかりやすいなって思っているときには、自分の心が落ち着いていて相場にフラットな感情で向き合えている状態。

今日の相場は自分にはわからず手を出せない動きだなと判断できているときは、これも自分の心が冷静に判断を下せている状態。

この2つの状態で相場に対しているときは成績も安定しているはずです。

 

前者なら綺麗にエントリー出来ているはずですし、ロスカットになっても納得したトレードになっていると思います。逆に後者ならわからない状態が分かっているのでエントリーをしていないはずですから。

 

わからないものを理解しようとしない

逆に問題なのは、

 

「ロングもショートも狙いたい!今日の相場はもう意味がわからない、どうなってんだ!」

 

このように思っているとき自分の心も意味不明の状態に陥っているといえます。

 

このような状態の時に値頃感や感情でトレードしてしまうことになります。

 

あなたがトレードをしている時に最後のような気持ちになった時にはいったん席をはなれて顔でも洗って一体なにが意味不明なのかを考えてみて下さい。

 

ほんとは自分に有益な情報があるのを見逃しているのか、それとも今の動きは自分にはわからないのかが気持ちの中ではっきりするまではエントリーしてはだめです。

 

普段より距離を離して、チャートをぼーっと見てみるのもいいかもしれません。

 

それでもわからないなら、

わからないものはわからない!理解しようとしないこと!



全てを理解しようとするのは相場をねじ伏せてやろうというのと同じで、悪夢がそこから始まります。

逆にねじ伏せられる可能性が高くなるのは間違いありません。

 

相場がわからない状態なのであればわかる状態になるまで手を出さずにチャートの動きを静観するしかないと思いませんか?

 

物理的な方法としてチャートの横に鏡をおいて一体自分はどんな表情でトレードしてるのかを見るのもいいかもしれないですね。

 

ふと鏡を見た時に、自分が必死な形相だったら、それを見て逆に冷めて冷静になれるかもしれないです。

 

今の自分のレベルに合いわかりやすい相場だなと思える日は絶対あるはずです。

 

FXは待つことが最大の仕事だというくらいの感覚で冷静にトレードしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.