2017/09/15

エリア手法のメリットとデメリットを把握してさらにレベルアップ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こちらの記事で

長期レジサポ後に短期サポレジ抜けでリスク限定してエントリー

 

細かくいうと、

 

ロングを狙うのであれば長期足サポート後の短期レジスタンス上抜け

ショートを狙うのであれば長期足レジスタンス後の短期サポート下抜け

 

について説明しました。

 

ここではそのメリットデメリットはどのようなものがあるのかを紹介していきます。

どんな手法にもメリットデメリットは存在します。それを理解して使いこましていきましょう。

 

レートの違い

まずは次の図①をご覧下さい。

 

これは長期のロングエリアA到達から到達後の短期足の動きを表わしたものです。

 

これを見てみるとXのポイントは長期のロングエリアに対してリスク限定をして押し目買いを狙ったポジション、そしてYのポイントは”長期足サポート後の短期レジスタンス上抜け”のポジションとなります。

 

一目見てわかることはレートの違いです。

 

このレートの違いがまず第1のポイントとなります。

 

ロングエリアAからこのまま上昇に転換していった場合にはどちらがよりいいレート(利益が出るレート)なのかといえばXとなります。

 

このまま順調に上昇が続くのであればXのポイントでエントリーした人はYのポイントでエントリーした人よりもその分だけ多くの利益がでることになります。

 

つまりはレートだけで比べるとYはXよりも高いレートになります。

 

これだけ見ると、

「じゃあ利益の多いXがいいんじゃないの?」

と考えるかと思います。

 

エントリーに対するリスク

次にエントリーの可否第2のポイントとなります。

 

Xの場合、下降が継続している途中で買うことになるのでエントリーは必ずできることになります。それに対してYの場合はリスク限定の形を作らなければエントリーできません。

 

図②を見てもらうとXのポイントから一気に上昇してしまっていて短期足でエントリーするタイミングがありませんでした。このようなケースももちろん相場では存在します。

 

 

ここまで見るとなおさらXのポイントの方がよいのではないかと思うかたもいるかもしれません。

 

リスク要因の軽減

これまでXはYに比べて、

・利益が多い
・必ずエントリーできる

とXのほうがいいことばかりでした。

 

しかし最後のリスクの高さでその考えは逆転します。

 

ここで思い出してもらいたいのでがXのポイントとは何か?ということです。

 

Xのポイントとは長期ロングエリア内のポイントということになりますが、ではこのロングエリアは必ずサポートされる場所なのか?という問題が出てきます。

 

エリア手法の代名詞であるエリアとしてロングエリアを設定したのですから当然このルールは絶対的に守らなければいけませんし、そのエリアがサポレジの可能性が高いと思って設定しています。さらにいえばこのエリアを基準としてトレードすることは絶対条件となります。

 

ただ、このエリアも100%必ずサポート・レジスタンスされるわけではありません。

 

相場に100%というものが存在しないことはこれまでにも何度もお伝えしています。

 

100%サポレジされるのであれば自信を持ってXのポイントでロングを狙うべきですがそうではなく下に抜ける可能性もまだ残っているということです。

 

こう考えた時に、その可能性を少しでも減らすことはとても大事なことです。

 

100%勝てるという保証がないのであれば少しでもリスク要因となるものは排除しておきたいということです。

 

もちろん、長期足サポート後の短期レジスタンス上抜けであるYのポイントも100%ではありませんがXに比べるとリスクは低くなってきます。

 

Yのポイントを選択する方が勝率は高くなる可能性があがるといえます。

 

FXに限らず投資全般においていかにリスクを減らして資産を守りながらトレードを繰り返せるのかが最もキーポイントであると考えるとこの1点だけでYのポイントを選択した方が懸命だと思わないでしょうか。

 

これを踏まえるとYのデメリットであったXよりも高いレート(ショートであれば低いレート)、エントリー出来ない可能性の2つよりもリスクの軽減というメリットの方がはるかに勝っているのです。

 

エントリー出来ないということは損失が出るわけではありません。

 

利益がなかっただけで次のチャンスはまた訪れます。

 

このような捉え方をするとデメリットとはいってもトレードにマイナスをもたらすわけではありません。いかに長期足サポート後の短期レジスタンス上抜けであるYのポイントが良いポジションなのかがおわかりではないでしょうか。

 

いかにリスク要因を排除したトレードを繰り返すことができるかで利益の積み上がり方も変わってきますのでそれをこころがけたトレードをしましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.