2017/09/14

FXにおいてロスカットは最重要な行為といっても過言ではありません

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXプランナーではロスカットはトレードにおける行為の中で最重要であると考えています。

 

ではなぜFXではロスカットが重要なのか?その本質をここではしっかりと理解してください。

ロスカットがどんな行為なのかといえばロスカットとは損失を確定させる行為です。

 

資産を減らす行為ですから当然誰も嬉しいものではありません。できることならプラスに変わるまで待ちたいと思うのが人の感情です。

 

RYU
ゆずさんロスカットはお好きですか?
ゆず茶
なにをいってるんですか!嫌いにきまってるじゃないですか~
RYU
ですねw僕も当然好きではありません。
ゆず茶
好きな人なんて1人もいませんよ。断言できます(笑)
RYU
確かにそうですね。でもロスカットは絶対にしなくちゃいけないですよね。
ゆず茶
そうなんです…自分のお金が減る行為って身を切られる思いですよ…
RYU
嫌な行為だけどしなくちゃいけない。ではなぜロスカットをしなくちゃいけないのでしょうか?

 

なぜロスカットをするのか?

冒頭にも書きましたがロスカットを受け入れることは損失を受け入れることなので気持ちのいいものではありません。

 

しかし、仮にマイナスになっている自分のポジションをプラスに変わるまで持ち続けるという選択をした場合に何が起こるでしょうか?

 

相場において史上最高値でロング、史上最安値でショートを持っていない限り、確かに今のマイナスはいつかはプラスになる時が来る可能性が高いといえます。

 

ただし、マイナスがプラスに変わるのがいつになるのかはわかりません

 

運よく数日で戻すかもしれませんし下手をすれば何年も戻ってこないかもしれません。後者であれば、数年もただただ時間が過ぎていくだけとなります。

 

ポジションを持つということは資金を拘束されている状態ですので数年の間に何千何万と訪れているチャンスも逃すことになります。

 

つまり、ロスカットを引き延ばす行為は機会損失を生みだす行為ともいえます。

 

資産が損失に耐えることができるのか?

もう一つの問題は資産が損失に耐える事が出来るのか?ということです。

 

例えば自分のポジションがマイナス10,000円になっていたとしましょう。このポジションをプラスになるまで持ち続けた場合、結果として一度マイナス200,000円までいってからプラスに転換するチャートだったとします。

 

この時に資産が元々200,000円に満たない方はどうなるでしょうか?当然強制的にロスカットになり、その後戻ってきた時にはすでに資産がなくなっているのでポジションも持っていないばかりか相場から退場していることもあります。

 

 

理論的にいえば先ほどいったようにロングを持っていた場合、史上最安値まで持っていれば帰ってくる可能性は高いかもしれません。

 

ただ、自分の資産がそこまでのマイナスに耐えられるのか?さらにいえばもしかすると史上最安値を更新する可能性もあります。

 

それらを考えた場合やはりロスカットを引き延ばす行為は非常にリスクの高い行為だといえます。

 

ロスカットは経費と捉える

ロスカットに対しては仕方のないものとして諦める感情が必要ですがそれでも難し人はロスカットを経費として考えてみて下さい。

 

何か商売をする時になにかしら経費は必要です。

 

八百屋を始める人が、

「経費が嫌だから野菜を仕入れるのは嫌だ!」

となるでしょうか?

 

ホームページを立ち上げたい人が、

「パソコンは高いから買いません!」

となるでしょうか?

 

そんなことをいえば商売なんてそもそも始めることができません。

 

FXにおけるロスカットもこれがあって初めてチャンスも掴むことができるのだという考えを持って下さい。

 

厳しいことをいえばロスカットができないのであればFXをやるべきではないくらいのことなんです。

 

こう聞けばロスカットがいかに重要なことかがおわかりいただけるのではないでしょうか。

 

ただし、ロスカットを闇雲にすればいいのか?といえばそれもまた違ってくるのですがこれについてはまた別の記事で紹介したいと思います。

 

まずはロスカットがどれだけ重要なことなのかということを覚えてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.