2017/09/14

サポートとレジスタンスの的中率が100%ならFXでは負けることはない!?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXとはサポートとレジスタンスをいかに当てるかが全てといっても過言ではありません。

 

サポートとレジスタンスが百発百中ならあなたは勝率100%トレーダーです。

 

いきなりすごい大胆な発言ですがFXはこれが全てなのです。

 

チャートは上下に動いていますが常に一方向に動いているわけではありません。

 

上昇しているのであればどこかで下降に変わる時がきますし下降がいつまでも続くわけではなくいつかは上昇に転じます。

 

サポートとレジスタンスはその折り返し地点なのです。

 

つまりどこで折り返すのかが100%わかるのであれば負ける要素はないということになります。

 

ただしここで冒頭の発言をいきなり否定します(笑)

サポートとレジスタンスを100%当てることは不可能

なんです。

 

サポート&レジスタンスって何?

サポートとレジスタンスを詳しく説明すると、

サポート

下落してきたレートが支えられて反転または転換していくであろうポイント

レジスタンス

上昇してきたレートが抵抗されて下落または転換していくであろうポイント

のことをいいます。

 

下図のようなイメージになります。

 

FXプランナーではこのようなサポートの価格帯のことを「ロングエリア」、レジスタンスの事を「ショートエリア」と呼んでいます。

このエリアについては『FXで勝つためのエリア手法習得までに必要な知識と考え方【完全保存版】』で詳しく解説しています。

 

まずはサポートとは支えられそうな場所、レジスタンスは抵抗されそうな場所というイメージを掴んで下さい。

 

いかに的中率を上げるのか

先ほどサポートとレジスタンスを100%当てることは不可能だといいましたが相場において100%という数字は存在しません。

 

これは必ず認識しておかなければいけない事実なのです。

 

「今日は絶対あがるに決まってる!そうに違いない!」

「この形で負けるはずがないでしょ~」

「必ず下がるはずだからちょっと持ち続けよっかな…」

 

自分のトレードにおいてこんな100%の思い込みを持ったトレードを繰り返していると必ずいつか痛い目をみます。

ちなみに痛い目を見る確率は100%です(笑)

 

サポート&レジスタンス(以下サポレジといいます)を100%当てることができないのであればどうすればいいのかというと、

 

サポレジとなる候補の的中率をいかにあげることができるか

 

全てはこれに尽きるのです。

 

これは世界中のどんなトレーダーにも共通していえることです。

 

ゆず茶
サポレジが全部わかれば苦労はしないですよね…ほんと誰か未来チャートくれないですかねw
RYU
それがわかれば100%勝てますからねw
ゆず茶
どれだけサポレジを当てれるかが勝率の違いに繋がるんですよね?
RYU
ですね~。全てのトレーダーがそれを目指していろんな分析をしてるってことですね。

 

すべてはサポレジのために

FXの世界では手法と呼ばれるものが数えきれないほど存在しています。

 

いろんなトレーダーがいろんなツールや考え方で相場を分析しているのですがこれらの行為は全てサポレジを自分達で生み出すためのものです。

 

未来の動きは誰にもわかりません。

 

サポレジがどこになるのかはチャートが出来あがって過去にならないと答えが出ないのです。

 

だから自分の手法やルールで先にサポレジとなる候補を設定していくのです。

 

いかに高い確率のサポレジを見つけ出すかでFXの利益が変わってきます。

 

サポレジ候補の根拠を持つ

ではサポレジ候補を決めるのは適当でいいのかといえばそれは絶対にだめです。

 

サポレジ候補の条件として、

・根拠があること
・再現性があること

この2つが絶対に必要です。

根拠があること

なぜそこにサポレジを引くのかその意味と根拠を誰に聞かれても自信を持って説明できなければ自分のものとはいえません。

適当にサポレジを決めるのはもはや当て勘と同じでただのギャンブルをしているのと同じです。

 

人に説明できるような根拠を持ってサポレジを設定するようにしましょう。

 

再現性があること

根拠があれば必然的に再現性も生まれてきます。

相場で100%同じ動きというのは存在しませんが似たような動きは多々あります。

 

FXで勝ち続けていくためには優位性の高いルールで繰り返しトレードすることが大切です。

 

サポレジの設定に再現性がなければそのような繰り返しのトレードもできないのでこの条件は絶対ともいえます。

 

 

いかがでしょうか?

 

FXにおけるサポレジの重要性がおわかりいただけたのではないかと思います。

 

このブログでも紹介している「エリア手法」ではこのサポレジの根拠も再現性も備わっていると自信を持ってお伝えできますがこの2つがあるのであればどんな手法でも構わないと思います。

 

今日お話ししたことを意識しながら自分のサポレジルールを作ってみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.