2017/09/14

押し目買いと戻り売りはFXで最も王道となる売買戦略です

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXには色々な売買の戦略がありますが今日お話しする押し目買いと戻り売りはトレーダーのあなたが一番初めに覚えるべき、そしてこれから最も使うであろう基本的な戦略になります。

 

考え方はとても簡単なのですが、実際にトレードしていくとなると一筋縄ではいかないと思いますのでまずは押し目買いと戻り売りが一体どういうものなのか?ということを理解していきましょう。

 

ここでの話をよりしっかりと理解するためにはまずは高値と安値やチャートの波、そして相場の状態について覚えておいた方がスムーズにいくので、わからなければこちらの記事先にお読み下さい。

 

押し目買いと戻り売り

 

一言で表わすなら「押し目買い」とは上昇トレンド中の一時的な下落のタイミングでロングエントリーをしていくことです。

 

「戻り売り」はその逆で下降トレンド中の一時的な上昇のタイミングでショートエントリーをしていくことになります。

 

あなたは相場の状態がトレンドかレンジなのかを判断できますか?でも上昇トレンドについては説明しましたが、上昇といっても常に上がり続けているわけではありません。上下の波を描きながら上昇してくことになります。

 

 

このチャートを見ると結果として上昇していますが、A、B、Cなどの部分を見ると一時的に下がっているのがわかると思います。

 

このようなタイミングで押し目買いを狙っていくわけですが、ではそのタイミングが一体いつなのか?

 

究極的にいうと、「押し目買い」と「戻り売り」のタイミングが100%わかることが出来れば相場において負ける事はありません。これはサポートとレジスタンスの精度をいかに上げることができるかということができます。

 

サポートやレジスタンスについてはこちらの記事もご覧下さい。

 

つまり、このタイミングの精度こそが安定したパフォーマンスに繋がるといえますし、その精度を求めたものが本ブログにおけるエリア手法です。

 

一筋縄ではいかない2つの理由

ぜはなぜこの「押し目買い」や「戻り売り」が一筋縄ではいかないのでしょうか。

 

大きく分けて2つの理由があります。

・トレンドではない場所でやってしまう
・明確な候補が設定できない

 

トレンドではない場所でやってしまう

これまでお話ししたように「押し目買い」や「戻り売り」はトレンド中におこなう売買戦略です。

 

しかしこのトレンドの判断ができずにレンジなどの状態で行えばどうなってしまうのでしょうか。

 

上図を見るとわかるように何度も上下で負けています。

 

これは往復ビンタと呼ばれる負け方ですがトレンドではない場所で「押し目買い」や「戻り売り」の売買戦略を実行してしまうとこのように連敗を引き起こして大きな損失に繋がる可能性があります。

 

トレンドではないのにそれを期待したりトレンドがすでに終了しているのに固執してしまったりするとこのようになる可能性が高くなります。

 

明確な候補が設定できない

トレンドの「押し目買い」や「戻り売り」を狙う場合ある上昇や下降に対して狙っていくことになるのですが適当に狙うわけにはいきません。

 

上の図は2つとも上昇トレンドですが、A⇒Bの押し目買いが入るタイミングが違います。

 

ケース①ではう安値Aにぎりぎりまで迫ってから上昇していますが、ケース②ではかなり早い段階で上昇しています。

 

もしも適当に押し目買いを狙ってしまったらケース②であれば早い段階で当たるので損失にはならないかもしれないですが、ケース①の場合に早い段階から買いを入れていれば大きなマイナスを抱えることになります。

 

それでも上昇トレンドがしっかりと継続してケース①のようになれば助かる可能性もありますが、これがCのポイントで上がらずにそのまま下にいってしまうととても大きな損失に繋がります。

 

これを避けるためにA⇒Bの間に自分のルールで明確な候補を設定することはとても大切になってきます。

 

以上のような2つの理由があるために単純に狙えばいいという簡単なことでは済まなくなります。

 

自信がなければ狙わない

FXで安定した利益を残し続けるためにはわからない場所には手を出さないということが重要になってきます。

 

トレンドなのかが判断できない時や「押し目買い」や「戻り売り」をうまく設定できないときなどは勇気を持ってトレードしないという判断をして下さい。

 

 

 

相場は土日以外は常に動いていますしチャンスはこれからいくらでも訪れるくらいの気持ちでどっしりとしたトレードを心掛けましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.