2017/06/19

6/8(木)のピックアップ指標

 

この記事を書いている人 - WRITER -

※重要レベルは3段階で表記しています。
…注意  ★★…重要  ★★★…超重要

 

◆FXプランナーピックアップ指標◆
日付 時刻 重要レベル  国 指標名称

6/8(木)

08:50

★★ 日本 (日) 1-3月期 四半期実質国内総生産

18:00

★★ ユーロ (欧) 1-3月期 四半期域内総生産

20:45

★★★ ユーロ (欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利

21:30

★★ ユーロ (欧) ドラギ欧州中央銀行総裁、定例記者会見

23:00

★★ アメリカ

コミー前連邦捜査局長官 議会公聴会

 

※6月8日(木)はEU・イギリス・アメリカと、重要イベントが相次ぎます。

【EU】
20:45   欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30~ ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

「政策金利は長期にわたり現行水準、もしくはそれ以下に留まる」という文言に修正が加わるとの可能性が高まりつつあります。直近のユーロ高に対するけん制の有無も含めて、動意づく可能性が否定できません。

【アメリカ】
23:00~ コミー前連邦捜査局(FBI)長官 議会公聴会

トランプ大統領による突然のコミーFBI長官の解任されました。トランプ政権とロシアとの不透明な関係を巡る問題、いわゆる「ロシアゲート」疑惑の捜査があります。コミーFBI長官の発言内容に一喜一憂する「不安定な揺れ動き」はもとより、一気に「リスク回避姿勢」に傾斜する可能性に関しても、注意しておきたいところです。

【イギリス】
イギリス総選挙:投票時間(日本時間) 8日(木)15:00 ~ 9日(金)6:00

与党・保守党が圧勝できなかった場合、EUとの離脱交渉は「強硬派/残留派の確執を抱えたまま」で臨むことになります。政局不安定との思惑が台頭しやすく、マーケット不安定化への思惑が思わぬ急変動をもたらす可能性が否定できません。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.