2017/09/12

☆祝☆FX初心者向けセミナーの第1回目が無事に開催されました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

不安と緊張も色々ありましたがFX初心者に向けたセミナーの第一回目が無事に終わってかなり胸をなでおろしているRYUです。

 

今日は第1回FX初心者向けセミナー開催から終了するまでの道のりを振り返りたいと思います!

 

セミナー開催を考え始める

このブログは初心者の方にFXを知ってもらってしっかりとした結果を出してもらうことを目的として始めました。

持っているFXの知識は出し惜しみしないで記事にしていければいいなと思っているのですがまだまだ全然書ききれていません(笑)

そんな中で僕は人と直接会って話すのが好きなので、

 

「実際に会って話したほうが楽しいし面白いやろな~」

 

と考えだします。

もちろん記事も書いていくのですが、完全に自分が楽しみたいという欲求です(笑)

 

そこで

 

「それならセミナーみたいなんしたらいいんちゃうの!?」

 

と思うようになりました。

 

しかし行動に移せず…

セミナーをしたい、でも色々と準備もある。

まず告知して場所決めて資料作って、うんぬんかんぬん…

 

セミナーはしてみたいけどその準備に色々な理由をつけて先延ばしです(笑)

 

先延ばし…

そういえば私生活を思い出しても先延ばしすることよくあります。

 

「思いついたら即実行」

 

これを決めているはずなのになんと意志の弱い…

そんなこんなで準備も始まらない状況が続きます。

 

とある場所での約束

そんな中FXとは全く関係のないブロガーさんの集まりに参加させてもらってそこで宣言しました。

 

「私はセミナーを開いてそれを記事にします!」

 

いってしまいました、いってしまった以上は少しでも進むしかありません。

 

 

自分の中だけだとあれこれ言い訳して重い腰になっていたのが、宣言したあとはびっくりするくらい行動が早かったです。

こんなことならもっと早く誰かに宣言しとけばよかったと思います(笑)

宣言したその日にセミナーの日程を決めて募集をしてみました。

この行動の早さは自分を褒めてあげたいのですが、

といっても募集から決めた開催日まで1週間くらいしかなかったので、

 

「まぁ、応募なんてないやろな~」

 

「募集があったら資料作り出そうかな…」

 

というまた悪い虫が顔を出します…

 

開催日4日前

予想通りというか開催4日前になっても募集はなかったので、

 

「やっぱりこんな短期間では誰もこんで、なんなら告知見られてないで。」

 

「そもそもFXのセミナーって普通の人からしたらなんか怪しい響きちゃう!?」

 

「そやな、もう少し作戦を練って…」

 

どんどん自分の中で開催しない流れに持っていきます。

あの告知の早さとは一体何だったのか…(笑)

この時点で80%以上気を抜いていました。

 

開催2日前

気の抜けたまま開催2日前になりました。

なんなら3日前は申し込みの確認すらしていませんでした…

怖いです、気を抜くとすぐに先延ばしにしそうになる自分が怖いです(笑)

この時点ですでに99%セミナー開催はないと決めつけていました。

 

「これは告知したけど応募がないからしゃーないな」

 

完全に言い聞かせてます。

と思いつつふとメールを見てみると…

 

「○○様からセミナーのお申し込みがありました」

 

!?!??!??!??!??!

 

その日付を見るとなんとちょうど見なかった3日前!

 

なんてこった!そういう時に限ってきてるとは!

しかもよく見るとその下にさらに、

 

「○○様からセミナーのお申し込みがありました」

 

○×#$%&$%#$#*+#%$&$!?

 

 

しかも2人!?

声にならない驚きです。

 

開催ない気分99%⇒やる気MAX

 

一瞬です。なんならアドレナリンも噴き出してます。

 

「資料を作らなくては!!!場所おさえなくては!!」

 

開催日2日前~前日

申し込みを見た瞬間にまずは場所をおさえにかかります。

借りようと思っていたマンションの会議室が運よく空いていたので速攻で予約。

そして資料作りモード全開になりました。

 

「セミナーを開くからにはやっつけ資料ではダメだ。来てくれる人のためにもいいものを作りたい。」

 

今回はFXのことを全く知らない人に向けてのセミナーなので自分がFXを始めた頃のことを思い出して作りました。

 

▼できた表紙はこれ(全23ページ)

 

資料で要点を抑えて、当日しゃべりで補足していく。

話すのはとても好きなので、というか話したいからこのセミナーを開きたいと思ったので(笑)

この資料があれば当日はその場のアドリブで話していく自信はありました。

 

開催日当日

そしていよいよ当日。

開始予定の30分前に会議室に入ってプリントアウトした資料やノートパソコンなどの用意をします。

参加者は2人なので近い距離で和気あいあいと話す感じにしようかなとプランを練ります。

第1回ということで不安はありましたが元々楽観的な性格なので、

 

「まぁ成功すればそれでよし、失敗してもそれを次に活かせるからどっちにしてもプラスやな。」

 

そんなことを思いながら準備完了。

 

 

 

開始15分前。

 

 

 

なにやら若干緊張してくると同時にこんな考えが…

 

「ん?そういえばセミナーは無料やけど申し込んだ人ってほんまに来るん!?」

 

よく考えると申し込みのメッセージはありましたが来るという確証はありません。

 

「実は来ないという可能性の方が高いんちゃうん!?だってFXのセミナーとか怪しいやん(笑)」

 

土壇場に来て再登場する悪い虫…

そして、開始予定時刻の14時に。

 

来ない…

 

やっぱり…

 

 

 

14時5分。

 

 

 

 

 

 

はわわわわ!来たー!きちゃったー!!いや、来てくれたー!

マンションの会議室なので玄関で呼び鈴をならして入ってもらいます。

参加者のお2人とも少しの時間差で到着。

 

「少し遅れてしまって申し訳ありません」

 

なんてご丁寧な方なんでしょう。

そういえばこのマンションは駅から近いとはいえ少しわかりにくい感じで建っているのを忘れてました。むしろこちらがスイマセン…

とはいえほんとに来ていただけたので無事にセミナーのスタートです。

 

セミナー開始~終了まで

嬉しさのあまりニコニコを通り越してにやけてたはずなので参加してくれた方は

 

「変なやつのセミナーきてしまった…」

 

と思われたかもしれません(笑)

でも純粋に嬉しかったのでそのままスタートです。

お2人はNさんとYさん。

まずはお2人にFXをどれくらい知っているかを聞いたところ、

 

「いちおう始めて半年くらいでトレードはしてます」

 

とのこと。

 

これに対し僕の作った資料は完全にFXのえの字も知らない前提で作ったもの

 

つまりこの資料の内容はお2人にはなんの役にも立たない…

 

全然大丈夫です、全然気にしません、この資料はまたいつでも使えますから。

 

速攻で

 

「では今日はこの資料は使わずに質問などを聞きながら進めますね。」

 

1時間半の完全アドリブセミナーの開始です。

参加いただいたお2人がとても積極的に質問してくれて、さらにFXの話となると熱が入り出して話が止まらなくなる僕が完全にフィットしてあっという間に予定の1時間半が終わりました。

 

▼僕の話を必死で聞いてくれたNさんとYさん。

▼熱が入りすぎてちょっと暴走した上にあまり何を話したか覚えていない僕。

和気あいあいと過ごす予定が1人で話しまくって気がつけば終わっていたのですが、

やさしいお2人から、

 

「とてもためになったのでよかったです。」

 

とのお言葉をいただいて嬉しかったです。

ですが、まだまだ反省するところやもっと改善するところはあったので次から開くたびにいいものにできればなと思いました。

 

まとめ

なかなか重い腰があがらなかったですが、やってみれば本当に楽しかったし開催してよかったなと感じました。

途中何度か悪い虫がでてきましたがやはりあらためて感じました。

 

「思いついたら即実行」

「まずはやってみる!」

 

これ!

 

準備に時間をかけてなかなか実行しないよりも(もちろんいいものになればよりいいのですが)、ささっと実行してトライ&エラーを繰り返していいものにしていく方が大事だなと思いました。

これは何にしてもそうじゃないかと思います。

今回はセミナーだったのですが開催した方が参加者の生の反応やこうした方がいいとかこういうのが欲しいとか生の声がきけるので机の上であれこれ考えるより圧倒的に有効です。

セミナー第1回の反省は感想アンケートをもらっておけばよかった~~~~!ってのが一番です。

次回以降もより参加者の方に喜んでもらえるようなものにしていきたいと思いつつ無事に第1回を開けた喜びを忘れないでいきたいですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.