2017/09/13

ちまたで噂のFXって何?実はあなたもすでに経験者かも!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

最近よく聞くFX… 

FXとは何ですか?!ときかれあなたは即答できますか?!

知らないうちにあなたも経験しているかもしれないFX…

理由をお話しします!

 

最近はサラリーマンや主婦にまで多くの人々に広がりを見せる『FX』これは一体どう言う意味なのでしょうか?

 

FXに興味があるけれど何をどこからどのように始めたら良いのか分からない…
他の投資は経験があるけれどFXは未経験…
FX情報の本を読んでみたけれど、良く分からない…

 

そもそもFXとは一体どのような意味なのでしょうか。ここでは、『FXとは?!』をキーワードにして詳しく解説・説明していきたいと思います。

 

SATORU
RYOさんFXとは何のことか簡単に説明してもらえるかな?!
RYO
FX?!そんなん簡単やん。あのー。。。そや!ドルを売ったり買ったりするやつや!
SATORU
では誰から売ったり買ったりするんですか?
RYO
そんなもんあれや…あのー。。。トランプや!トランプ大統領から売ったりかったりするんや!
SATORU
SATORU
RYOさんここでは『FXとは』をキーワードに詳しく解説していくのでよく聞いてくださいね。
RYO
お、おう…

 

この記事で抑えたいポイント

FXとは投資でありギャンブルではない

FXとはお金の奪い合いであり、つまりはしっかりとした準備が必要

FXとは少額の資金から手軽に始められるが、資産に応じた取引を行う必要がある

 

FXとは?意味と目的

FXとはForeign Exchangeの英略です。正式には【外国為替証拠金取引】のことをいいますが、この言葉だけ聞いても意味がわからないと思います。

 

日本では企業の株を売買し、発生する損益や株主優待などを目的にした≪株取引≫が有名です。

 

それに対してFXは米ドル・ユーロといった外国通貨を売買し発生する損益を主な目的とした取引のことです。

 

簡単に言えば、「世界の通貨を売ったり買ったりして利益(損失)をだすもの」という単純なものです。

 

海外旅行経験者はFXも経験済み!?

海外に行かれたことのある方は経験があると思いますが、海外に行く時には銀行や空港等で日本円を米ドルやユーロに交換していると思います。

 

実は交換していると思っている行為ですが実際は交換しているのではなく、米ドルやユーロをその場で日本円で買っているのです。

 

帰国後、余った米ドルやユーロを再び日本円にする際に円を買い戻してることになります。

 

例えば、海外旅行の資金が100万円あったとして、海外旅行に行く前に為替相場が1ドル=100円だったとします。

 

その後、帰国した時に1ドル=110円になっていた場合にはお金の動きはどうなるでしょうか。

 

先ほど説明したようにまずは日本円でドルを買うことになります。

1ドル100円なので100万円だと1万ドル

になります。

 

今この1万ドルを全く使用せずに帰国したとしましょう。

 

次にするのは日本円の買い戻しですよね。

 

1万ドルを日本円にする時

 

出発前に1ドル=100円だったものが

1ドル=110円になっていますので1万ドルで日本円を買い戻した場合110万円

になります。

 

旅行に行っている間の為替レートの変動によってドルの売買で10万円得したことになります。

 

逆にこれが1ドル=90円になっていれば90万円となり10万円損したことになります。

 

実際には旅行先で買い物や支払いなどをして帰国するはずなので手持ちは帰国後に換金するときには1万ドルよりも減っていると思います。

 

行きよりもドルが減っている状態で帰国後に交換しているので為替の変動で通貨の価値が変化しているという意識はあまり持たないかもしれませんが、海外旅行に行けばみなさんも知らないうちに外貨取引を行っていることになります。

 

このような行為を海外に行くことなく、FX会社を通じてパソコンやスマートフォンなどで日々動いている為替レートを観て売買することを≪FX取引≫といいます。

 

 

RYO
ちゅーことは、俺もしらんまにFXもどきをしとったちゅーことやな!
SATORU
そーそーその通りです!
RYO
そう考えたら急にFXちゅーもんが身近に感じてきたやないか!!
SATORU
そーですね!でもねRYOさん、FXはギャンブルと捉える人が結構いるのです。
RYO
お、そやそや!それはワイも聞いたことあるで!FXは一か八かのギャンブルやーいうてな!
SATORU
本当のところどうなんでしょう?次で説明していきますね!

 

FXとはギャンブルではない!

 FXは投資ではなくギャンブルだ!という意見をよく見聞きしますが実際のところどうなのでしょうか?

 

FXについて「海外旅行に行けばみなさんも知らないうちに外貨取引を行っている」といいましたが、両替をすると考えた方が分かりやすくなるかも知れません。

 

先ほどの旅行を例に上げると、「日本円からアメリカドルへ両替して、その後しばらくして、両替したアメリカドルを日本円へと変える」と言う具合に各国の通貨を両替していくような取引になります。

 

要するに、「米ドルの通貨が良いかな」とか「いや、まてよ…今はユーロ通貨や!」などと考えて、両替していくことで利益を出していくものとなります。

 

 

ここではっきり申し上げます。

 

FXは決してギャンブルではありません!

 

このことを最初に覚えておいて下さい。

 

ギャンブルは主催する胴元側は必ず勝つような仕組みになっています。

 

競馬・パチンコ・オートレース、宝くじ等のギャンブルは、参加する側がトータルで「負け組」になることが決まっています。

 

しかしFXに胴元は存在しません。

 

FXは自分が取得している通貨の価値が上がると利益が出るという取引になっています。

そして、その通貨の価値は上昇するか下落するかという2通りしか存在しません。

 

 

ですから、FX自体はギャンブルではなく為替投資なのです。しかし、場合によってはギャンブル化することはあります。

 

ギャンブルトレードとはどのようなものかはこちらで詳しく解説しました。

 

つまり、過去のチャートデータを分析したり、為替情報やニュースを分析し「これから価値が上がりそうだ」つまり、優位性があると思う通貨へと両替し、その通貨の価値が実際に上がれば利益が出ると言う訳です。

 

しかし、感覚だけで売買したり、感情的に両替してしまうと、それはギャンブル的な取引となってしまいます。

 

ギャンブルの様に一か八かで行うものでは無くて、FXは投資、つまり「資産運用」だと考えて頂くことがFXを始めるために一番大切なことだと覚えておいて下さい。

 

FXとは時間無制限の「お金」の奪い合い

FXの本質は『お金の奪い合い』です。

人の損失が自分の利益になり、自分の損失が人の利益になります。

誰かが損をすれば、その分、誰かが得を得ているということですね。

もっと詳しく紐解くとFXで取引されているお金は、損をした人と、得した人、そして、業者(手数料を得ている人)の3つしか存在しません。

 

FXで利益をだせずに損をする人つまり負け組は9割と言われています。

その9割の人のお金が残り1割の勝ち組に流れていくわけです。

 

なので、FXは危険だ!FXで勝てるわけがない!FXで破産した!などという情報が独り歩きしていますが、それは当たり前だともいえます。

 

なぜか?9割の人が負け組という現実があるからです。

 

この9割という数字についてはこちらに詳しく書かれています。

 

残りの1割の方が何を言おうとも、9割の人が『FXで勝てるわけがない!』といえばFXとは危険なものということになってしまいます。

 

しかし、『FXは是非やるべきだ!こんなに効率良くお金を稼げるものは他にはないぞ!』と言う方も中にはいるわけです。

 

9割の人のお金が1割の人に流れてくるわけですから、その1割の人は『こんなに効率よくお金を稼げるものはない!』というのも現実です。

 

どうせやるなら、利益を得ている1割の方に入りたいですよね?

 

しかも、株式投資とは違って1日の内で取引時間が決められていていません。

平日の間は24時間、負け組はお金を奪われ、勝ち組にお金を渡すことになります。

 

題目にもしましたが、FXとは24時間いつでも参加できるお金の奪い合いですね。

 

そのため、FXを始めるためにはいつでも参加できる24時間のお金の奪い合いに耐えるために、それなりの準備が必要になってきます。

 

何も準備をせずにFXに参加するのは何も武器を持たずに裸で戦場に向かうようなものです。

 

シッカリFXの基礎を学習して頂きそれからFXに向き合うようにして下さい。

 

FXとは少ない資金で大きな運用ができます

FXって不思議なもので、投資信託や不動産と違って、利益は「」ではなく「」で語られることが多いですね。

今月は100万の利益。。
先月は1000万の利益。。

等等…

 

金額で聞いたほうがインパクトが大きいのが理由だとは思いますが。

 

しかし、

100万円投資して、100万円の利益
10万円投資して、100万円の利益
1億円投資して、100万円の利益
10億円投資して、100万円の利益…

同じ100万円の利益かもしれませんが、全然意味合いが変わってきます。

 

ここでは詳しくは書きませんが、資金によってFXの取引に対するリスクが全然違ってきます。

 

同じ額を稼ぐのであれば資金が多い方が当然難易度も下がってきますが、安定したトレードを続ければ10万円の資金でも100万円にできるのがFXです。

 

FX取引には取引する通貨の単位があり、利用するFX会社によって取引単位設定が異なります。

1.1通貨単位
2.100通貨単位
3.1,000通貨単位
4.1万通貨単位

FX会社のほとんどの口座は、上のいずれかの単位で取引をすることになります。

 

 

ドル円取引で言うと、1通貨単位ならば1ドル単位で取引でき、100通貨単位なら100ドル単位での取引、1,000通貨単位は1,000ドルごと、1万通貨単位は1万ドルごとの取引となります。

※証券会社によりますが1万通貨からの取引が多いです

 

ドル円レートが1ドル=120円とすると、

1通貨単位取引=120円分のドル円取引
100通貨単位取引=12,000円分のドル円取引
1,000通貨単位取引=120,000万円分のドル円取引
1万通貨単位取引=120万円分のドル円取引

このようになります。

 

 

ただし、FXでは投資金額の25倍まで取引が可能とされています(レバレッジ)。上の例に当てはめて計算すると、必要となる投資金額は、

1通貨単位取引=120円分のドル円取引=必要証拠金4.8円
100通貨単位取引=12,000円分のドル円取引=必要証拠金480円
1,000通貨単位取引=120,000万円分のドル円取引=必要証拠金4,800円
1万通貨単位取引=120万円分のドル円取引=必要証拠金48,000円

という計算になります。

 

FX証拠金

 

上の図は現在のあるFX会社の必要な投資金額の一覧ですが、ご覧の通り、数万円の証拠金で1万通貨、ドルで言うと120万円分のドル円の取引が可能となるわけです。

 

少額から手軽に始められるFXですが、自己資金に応じた取引が必要となってきます。

 

FXとは?まとめ

いかがでしょうか?

FXって聞くと難しくてなんだかよくわからないと思われがちですが、実は海外旅行者も普通にしている外国通貨との両替なんだとわかればぐっと身近に感じるのではないでしょうか。

投資の一つとしてFXを始めてみてはいかがでしょう。

 

FXとは為替投資であり胴元側が存在するギャンブルとは全く別物!

FXとは24時間時間無制限の『お金の奪い合い』です。つまりはしっかりとした準備が必要!

FXとは少額資金から取引が可能。しかし自己資産に応じた取引を行う必要!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.