2017/09/19

勝っているトレーダーだって常に完璧ではありません!人間だもの…

 

この記事を書いている人 - WRITER -

どれだけ勝っているトレーダーでも100%常に完璧なトレードができるわけではありません。いかに優れた手法でも人間がトレードする以上は失敗もあります。

 

「私はダメだ!すぐにルールも守れないしダメなトレードをしてしまう!」

「だからいつまでたっても勝ち組になれないんだ!常に完璧なトレードをしないと…」

あなたはこう思ったことはありますか?

 

まだ思うように結果が出せていない人や満足のいくトレードが出来ていない人も多いのではないでしょうか。

私も自分が結果を出せていない時期はいつも勝っているトレーダーに憧れていました。

 

当時の僕からすれば、

勝っているトレーダー=パーフェクト超人

くらいの対象でした。

 

勝っているトレーダーというのは一時的に利益を出しているトレーダーではなく、資産をしっかりと増やし続けているトレーダーのことです。

 

勝ち組トレーダーへの一般的なイメージ

FXの世界で勝ち続けることは非常に難しいことですが、利益をしっかりと出し続けているトレーダー、いわゆる『勝ち組トレーダー』が存在することは間違いありません。

 

まだ結果が出ていない人からしてみれば勝ち組トレーダーは憧れの存在だと思いますし、そのような人にしっかりと習いたい、手法を真似したいと考えるのはごく自然なことだと思います。

 

一般的にまだ勝ちきれない人が勝ち組トレーダーに抱くイメージはどのようなものでしょうか。

・常に完璧なトレードをこなしている
・チャートを見た瞬間から利益を上げられる
・どのような状態においても冷静沈着
・いつも余裕を持ってトレードをしている

などなど…

 

あなたの中にもこのようなイメージがあるのではないでしょうか。

最初にいったように私もパーフェクト超人をイメージしていたのでこのようなことは当然のことと思っていました。

 

100%完璧なトレーダーは存在しない

しかし、ここではっきりとお伝えしておきます。いま挙げたようなイメージはただのイメージでしかありません。

 

言い換えるとそのイメージは全て間違っています。全てというのは語弊があるかもしれませんが、言いたいことは勝ち組トレーダーもただの人間ですしみなさんと同じようにチャートに取り組んでいます

 

常に完璧なトレードなんてありえません。

 

待てないトレードをする時もあれば欲を出したトレードもする時もありますし、利益を出していても反省点はいつもでてきます。

 

チャートを見た瞬間にたまたま自分の手法でのチャンスポイントであれば利益を出せるかもしれませんが、そうでなければ何分、何十分、へたをすれば何時間も画面とにらめっこしているだけの時もあります。

 

エントリーしても絶対に勝てる保証はありませんから、常にエントリーした後は若干の不安も抱えていますし、手に汗握っていることもあります。

 

有る程度利益がのっていれば余裕を持ったトレードが出来るかもしれませんが、先に損失が先行すれば歯を食いしばりながらトレードをすることもあります。

 

要するにみなさんと何も変わらないということなんです。

 

大きな期間単位で見ると確かに安定して勝っているので外から見れば

勝ち組トレーダー=神様

のように見えるかもしれませんが、実際は勝ち組トレーダーであっても常に相場の中で不安と闘いながらトレーしています。

 

神様のような目線で見てしまうと自分が同じようになれるわけないなんて思ってしまいますが、こうして考えてみると自分もたどり着けるような気がしませんか?

 

勝ち組トレーダーが持っているもの

では一体勝ち組トレーダーには何が備わっているのでしょうか?

 

それがしっかりとした土台となる考え方・自分を見極める力・立て直す力です。

 

土台となる考え方

土台となる考え方とは手法ともいえますが、自分がここはしっかりと利益を上げる確率が高いとわかっているパターンを持っているということです。

 

先ほどもいいましたが、その手法があってもルール違反をしてしまうことだってあります。

それでも利益を上げるポイントもしっかりと軸でもっているのでたまにルール違反のトレードをしてしまっても挽回できるのです。

この土台となるものがなければ失敗しても取り返せるという自信がつかずに負け始めれば負の連鎖を食い止めることが難しくなってきます。

 

また自分の得意な場所がわかるということは得意ではない場所もわかるということに繋がるので、損失になりやすい場所も判断できることになります。

それがわかれば無駄なトレードをしないという判断もできるようになってきます。

 

自分を見極める力

自分を見極める力とは自分の性格や実力をしっかりと把握することです。

 

メンタル崩壊して大きな損失を出した経験は誰にでもあるかと思いますし、その度に「もう絶対に次はしない!」と心に決めるのではないでしょうか。

しかし、いざトレードを開始するとまたメンタル崩壊をしてしまう。そしてまた誓いまた…といった連鎖になる方もいます。

 

これはメンタル崩壊は絶対にしてはいけないもの、メンタル崩壊をする自分は絶対に許せないという感情から起こるものだと思います。

完璧なトレーダーがいないことはお話ししましたが、知らず知らずの間に自分が完璧なトレーダーを目指してしまっているのです。

 

そうではなく、メンタル崩壊する自分も受け入れることが大切です。

受け入れるということはメンタル崩壊してもいいということではなく、「自分は完璧な人間じゃないからこんなトレードをしたらメンタル崩壊に繋がってしまうんだ。」ということをあらかじめ受け入れるということです。

 

これを続けていればいつの間にかメンタル崩壊による損失が少なくなってきます。

「勝たなければいけない」

「ロスカットしてはいけない」

「自分は完璧に近づきたい」

このような考え方をしていれば逆に一つのロスカットも許せなくなって余計にメンタル崩壊に繋がりやすくなります。

 

立て直す力

立て直す力とは自分が失敗してしまった時やルール通りにトレードしたものの損失になってしまった時など損失の後にどう対応できるかということです。

 

通常人間は失ってしまったものはすぐに取り返したくなる性質を持っています。

これはプロスペクト理論とも呼ばれていますが、FXにおいてはすぐに取り返したくてもそうではない状況が多く存在します。

 

プロスペクト理論についてはこちらに詳しく書いています。

 

先ほどもいいましたが自分が得意ではない場所では取り返したくてもそうはいきません。

そんな場所でムキになって取り返そうとすると逆に傷口を広げる結果になる可能性が大です。

失敗した時には冷静な判断ができない精神状態になりがちなのですが、それをこらえて今は取り返せそうな場所なのかということを判断しなければいけません。

 

この判断できる力こそが立て直す力なのです。

 

以上の3つのことが勝っているトレーダーには高いレベルで備わっています。もちろんこの3つでさえも完璧ではありません。

勝ち組トレーダーといわれている人でも完璧ではないのに、まだ勝ちきれていない自分が完璧に出来るわけがないくらいの気持ちで取り組んだ方が結果的にトレードに余裕がでてきます。

 

だからといって適当なトレードをしてもいいというわけではありません。

 

しっかりとした考え方や手法を学んで、それを繰り返し出来るように目指しながらも失敗やルールを守れないことは誰にでもあるんだということです。

 

その失敗がでてしまった時にいかに立て直すか、いかに普段の自分のトレードに修正できるのかが大切で、その力が勝ち組トレーダーには備わっています。

 

これらをしっかりと理解したうえで安定した利益を積み上げることの出来るトレーダーを目指していきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.