FX7月3日ドル円トレード日誌

 

この記事を書いている人 - WRITER -

先週は4時間足ぐらいの高値111.700付近を上にブレイクしてからの展開でした。

週足・日足辺りを考えたらまだ下の可能性は残されているがデイトレードでショートを狙う展開ではなくロング戦略に絞っていい状態でした。

ここまで上がってくると108円後半~114円中間までのレンジの可能性が高くなってきました。

そんな中、週後半には1円ほど売り叩かれるも111.700付近までと限定的で金曜日は上昇して1円売り叩かれた時に作られたショートエリアまで一気に上昇して週を終えました。

都議会選挙で自民党が大敗したこともあり若干下に窓開けからのスタート

窓開けも先週末終わりに揉み合いで作った短期ロングエリアで止まっていたので、ロングエリアとショートエリアの決着がついた方についていこうと思っていました。

結果は買いが強くてうまく2回エントリーできたので奇麗なトレードをすることができました。

 

下図参考1時間足チャート

111.700付近を上にブレイクした所に出来たロングエリアからの上昇なのでロング狙い1本で、ロングエリアに突っ込んできたらスキャルでショートしようと考えていた。

 

下図参考10分足チャート

1回目はショートエリア抜けトライ

2回目は継続狙い

2つとも朝からの継続狙いのトレードで最近は素直に動くことも少ない中で奇麗に動いてくれた

 

下図参考1分足チャート

  

左のチャート
お手本のような短期下振りからの形でエントリー(利益確定)
不安要素があったとするならショートエリア上限は抜け切れていなかったこと

右のチャート
113円台に行く前に作った短期のレンジ(BOX1)が騙しがないままに上がったのちに勢いがなくBOX2を作ってからの形だったのでロングエリアからはロングできずでその後に勢いがついたところでBOX2に対しての下振りの形になる可能性と短期ロングエリア抜けまでロスカット幅が許容範囲内だったのでエントリー(利益確定)
飛び乗り気味だったので枚数を落として調整してた

 

結果
65.4pips
(久しぶりに騙しもなく素直な動きでしっかりとれた)

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.