2017/08/13

FX8月10日ドル円トレード日誌

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

前日(8月9日)の反転上昇したロングエリアから押し目買いが入っている状況でした。

しかし、安値を抜けてきていることからショートの形を待っていました。

出来れば前日にトレード日誌の画像にもあるショートエリア(レジW)まで来るのではないかと待ち構えてました。

相場の動いている時は基本的に午前中に本日の相場観をトレサポLINEに送信しています。

 

トレサポ相場観にも書いてある通りレジWに届く前に下落してきたので前日安値までのショートを先ずは狙ってみました。

その後のLINE戦略では

 

上のLINEの間違いがあって(109.850~110.000のショート⇒109.940~110.000)

どちらにしても2段構えのショートエリアですが、近いし2つの一番上でも15pips程度までなので1つのエリアでもよかったぐらいですね。

 

トレードとしては最初のエリアでいつもよりポジション枚数を軽く入れてショートを取り、その後安値抜けてからのショートと結構理想的なトレードができました。

 

下図参考15分足チャート

理想は黄色のように折角短期で上昇作ってきたならショートエリアにしっかり入ってきてからのショートはもっと伸ばせたと思う。

上記にもあるようにそのまま落ちるにしたら若干弱いイメージではあった。

 

下図参考5分足チャート
 
最初のエントリーでは深くから行く可能性も含めていつもの半分の枚数でショートエントリー(利益確定)
 
追撃の売り増しエントリー(利益確定)
 
109.550付近て停滞した後の下抜けに対してエントリー(利益確定)

 

結果
56.3pips
(イメージに近い動きだったので取りやすかった)

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.