FX初心者必見!あなたに合ったトレードスタイル3パターンとは?!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

前回の更新からかなり日にちが経ってしまいました…

 

実はFXトレサポ交流広場の立ち上げにかなり時間を取られてしまっておりました…

 

立ち上げることを決めてから、コンテンツ制作、解説動画作成、Facebookページ作成、会員専用ページの作成、とやることがいっぱいで毎日作業して3か月近くFXトレサポ交流広場に時間を割いておりました。はい、言い訳ですw

 

しかーーし!

 

それだけ時間かけて作成したかいがありました!!
非常によいFXの勉強ができる環境を作れたと自負しております!!!

 

FXトレサポ交流広場をリリースしてすぐに反響があり、何名かの方にご参加して頂きました。

 

さらに入ったその月に人生で初めてプラスになったという嬉しい声もいただきました!
ありがとうございます!

 

これから様々な勉強会や交流会も企画していきたいと考えているので、よろしければのぞいてみてください!!

 

FXトレサポ交流広場

 

 

ではでは、本題へw

 

前回の記事で

 

FXでどのように利益を出していくか理解して頂けたと思います。

 

しかし、実際にFXを始めるためにはあなたの生活ライフスタイルにあった利益の出し方というものを見つけなくてはなりません。

 

一人一人生活スタイルが違うのと同じように、FX投資家もトレードスタイルはバラバラです。

 

株のように、何時~何時まで、あるいは何月何日~何月何日までといった、取引時間や期間は決められていません。平日であれば証券会社にもよりますがほぼ24時間取引可能です。

(FXと株の違いについては過去記事をご覧ください。)

 

ですので、自分のライフスタイルに合わせて、トレードスタイルを確立していく必要があります。

 

トレードスタイルを決める上で重要なポイントになるのは、あなたが取引できる時間帯、資金、相場の知識レベルなどで、どのようなトレードが可能かをあなた自身が判断する必要があります。

 

ここではどのようなトレードスタイルがあり、あなたに合ったトレードスタイルはどのようなトレードなのか?その判断は何を基準にして確立するべきなのか?詳しく見ていきたいと思います。

 

SATORU
RYOさんは昼間は会社員として働いていますよね?!
RYO
なんや!?専業やないからってバカかにしてるんか?!
SATORU
いやいや!そーいうわけでは…実際専業投資家なんて社会的にキビシー目で見られますし。。ローン組むの大変ですし。。。
RYO
確かにそーやな!リーマンやってる方がローンは組みやすいわな(笑)
SATORU
今日はそのローンの話ではなくて、人それぞれ生活スタイルがちがうので自分に合ったトレードスタイルを見つける事が重要になりますよって話をしていきたいと思います。
RYO
ほう…!生活スタイルね。。よーわからんけど話してくれや!!
SATORU
(こやつの態度は…)え、あ、はい。。。順番に見ていきましょう。

 

この記事で抑えたいポイント

あなたに合ったトレードスタイルは?!

スキャルピング?デイトレード?スイングトレード?

トレードスタイルに合わせたスキルを身につけよう

 

なぜFXではトレードスタイルを決めておく必要があるのか?!

トレードスタイルには大きく分けて

『スキャルピング』

『デイトレード』

『スイングトレード』

という3つのスタイルがあります。

 

これらのスタイルのどのように違うのか?

どのような基準をもって選択していくべきなのか?

そこからお話ししていこうと思います。

 

スキャルピング

エントリー(買いか売りのポジションを持ってから)から決済までのポジション保有期間が極端に短く、短期間に小さい利幅を狙うもので、いうならば「一定方向に動く相場を最小の時間単位で利益を薄く確実にもぎ取ろう」というのがスキャルピングです。

 

トレード時間が短い分、数銭から数十銭というわずかな利幅を狙いコツコツと積み重ねるが特徴です。

 

短い時間一定方向に動くところを狙うことから、利益幅は小さいながらも一回あたりのトレードは利益になる確率が高くなります。

 

分単位、秒単位でエントリーから決済までを瞬間的な判断で繰り返す事も多くなるので、一つ一つのトレードに一喜一憂せず、機械的に正しい判断をしなくてはいけないため、他のスタイルに比べて一番技術や経験が必要で難易度が高く、あまり初心者向けではないといわれています。

 

テクニックや経験があるFX上級者でも、メンタルが弱く動揺しやすい人はミスを誘発されやすく、性格上向かないこともあります。

 

スキャルピングメリット

トレード回数が多くなるため比較的早くトレードの経験値を積むことができる。

有事の際の急激な急騰、急落に対応できる。

時間を問わずトレードチャンスが巡ってくる。

 

スキャルピングデメリット

チャートに張り付く必要がある。

スプレッドを考えるとコストは最悪。

瞬時の判断が必要となる。

ポジポジ病になりやすい。

 

スキャルピングまとめ

短時間で利が乗りやすい反面、掴んだところが天井や底である場合も少なくありません。その場合、ロスカットが遅れるとコツコツと積み上げた利益がドカンと1回のトレードで消失してしまうこともあります。

取引回数が多いこともスキャルピングの一つの特徴で、回数をこなすという性質あるのでかえってポジポジ病を発症しやすいというデメリットも考慮しなければなりません。

高い判断力とメンタルをいかに維持できるかがキーとなってくるので、初心者にはハードルが高いといえます。

 

デイトレード

デイトレードはその名の通り、1日で新規注文から決済注文までを完結させて、ポジションをゼロにして終わるのが基本スタイルです。

 

その1日で一旦ポジションを完結させておくということは、前日までの結果を引きずらないという点で、常に相場の状況に合わせて柔軟に売買を行うことができることができます。

 

スキャルピングと比較して、取引回数は少なくなり、ポジションを保有する時間は長くなりますが一回あたりの利益幅は大きくなるはずです。

ですのでエントリーするポイントについてはスキャルピングより気を付けなければなりません。

 

デイトレードメリット

基本的に就寝時にポジションを持たないので急騰、急落に対応できる。

チャンスを待ってエントリーした後は常に相場に張り付く必要はない。

スキャルピングに比べメンタル負荷がかかる回数が少ない。

 

デイトレードデメリット

ポジションを持ち越さないのでリスクを抑えられる。

スイングトレードと比較してスプレッドは多くなる。

スキャルピングと比較してトレード経験値のチャンスが少なくなる。

 

デイトレードまとめ

一日に数回トレードすることになるので、スキャルピングに比べメンタル負荷は軽減されます。その分エントリーするポイントを厳選しなければ

マイナスで一日が終了してしまう可能性が高いです。相場に対する経験値もスキャルと比較すると少なくなります。

 

しかし、初心者にとってメンタル負荷が軽減されることは大きく、秒単位でメンタルに負荷のかかるスキャルピングよりは初心者向けと言えます。

 

FXプランナーが最もお勧めするトレードスタイルになります。

 

 

スイングトレード

デイトレードに比べると数日~数週間と長いスパンでポジションを持つトレードスタイルになります。

 

基本的には4時間足から日足、週足をメインにトレードしていくことになり、本業の仕事をされている忙しいサラリーマンでも一日に数回チャートをチェックすればいいので、比較的トレードにゆとりのあるスタイルです。

しかしポジションを持って日をまたぐたびにスワップポイント(金利差)が発生します。

ロングを持つ場合はスワップポイントを受け取る側になるので良いんですが、ショートを持つ場合は数週間もスワップポイントを支払い続けなければいけなりません。

 

スイングトレードメリット

何日~何週間ポジションを持つトレードスタイルなので、チャートに張り付く必要がない。

ロングを持つだけでスワップポイント(金利)によりプラスになる。

チャートに張り付く必要がないので仕事との両立がしやすい。

 

スイングトレードデメリット

有事の際の急激な急騰、急落に対応しにくい。

長い時間ポジションを持つということはそれだけリスクも持つことになる。

ショートを持つだけでスワップポイント(金利)によりマイナスになる。

エントリータイミングがなかなかめぐってこない。

 

スイングトレードまとめ

スキャルピングやデイトレードよりも長い期間もつスイングトレードは、損切りもスキャルピングやデイトレに比べて大きくなってしまいます。
そのため、レバレッジもそれらに比べて低めで取引をするべきといえます。

 

スキャルピングやデイトレードと同じ感覚で取引をしていると、証拠金がすぐになくなってしまう可能性が高いです。

ですのでご自身の余裕資産との兼ね合いが必要となってきます。

証拠金の維持率にゆとりがないとメンタルにも影響を及ぼして結果、トレード成績にも影響を与えかねません。

 

 

RYO
なるほどなートレードっていうても様々なトレードスタイルがあるんやな
SATORU
そーそーその通りです!
RYO
自分の生活とか環境とか考えてトレードスタイルを決めなあかんなーこれは…
SATORU
そーですね!本当にそーなんです!いつになく切れてますね!!
RYO
なんや一言多いようなきがするな
SATORU
いや、それは気のせいですハイ!笑

 

 

どのようにしてFXのトレードスタイルを決めるのか?!

トレードスタイルを決めた方がいいと、よく耳にしますが、
なぜ決めた方が良いのか?という点はよくわかっていない方が多いのではないでしょうか??

 

トレードスタイルを決めておく利点は多数存在しますが、初心者の方や未経験者の方の場合は、『基準』が定まることが挙げられると思います。

トレードスタイルを決めると、そのトレードスタイルに合ったチャート選びやどのような検証をするのかといった方向性も決めることができます。

 

ではどのようにしてトレードスタイルを決めればよいのか?ですが、

 

スタイルを決める上で重要視したほうがいいのは、自分自身のトレードの経験値や、ライフスタイル、性格です。

仕事をしながらチャートを監視することはできないですし、1分1秒を争うスキャルピングをメインのトレードスタイルとすることは無理があるでしょう。

FXと上手に付き合っていくにはライフスタイルとトレードスタイルをうまく融合することが重要になってきます。

 

間違っても、FXのためにライフスタイルを変えることはしないでください。

 

FXトレードをする目的はお金を稼ぐことであって、FXに自分のライフスタイルを合わせることではありません。
このため、無理のない範囲(ライフスタイルもFX軍資金も)でトレードスタイルを決定しましょう。

 

前述しました3つのスタイル、『スキャルピング』『デイトレード』『スイングトレード』の特徴を理解してうえで

自分自身と相談してトレードスタイルを決めてください。

 

 

あなたに合ったFXのトレードスタイルを選択する重要性

トレードスタイルを決めることによって、自分がどんなスキルを磨いていけばいいのか?そのために何を学んでいけばいいのか?ということが見えてくるはずです。

例えばスキャルピングメインでトレードしていくと決めてしまえば

短期の5分足を背景として相場を分析し1分足でエントリータイミングをみていこう

スキャルピングに必要なメンタルを養うために実践経験を積んでみよう

などなど…

細かい選択ができるようになり、無数にあった選択肢からある程度絞り込むことができます。

 

多くの方は最初に

「あれも勉強しなきゃ、これも全て勉強しなきゃ」

という考えに陥っていまいがちです。

 

まず初めにトレードスタイルを決め、

そのスタイルに合わせて必要なトレードの知識や経験を正しい知識と方向で集中的に身につけていったほうが絶対におすすめです!

 

 

あなたに合ったFXトレードスタイルをのまとめ

いかがでしたでしょうか??

どのトレードスタイルが自分に合っているか、想像できましたでしょうか?

 

”どのスタイルが自分のライフスタイルに合っているのか?”

”近い将来自分がどんなスタイルでFXをトレードしていくのか?”

もう一度よく考えてみて、ご自分のトレードスタイルを明確にしてみてください。

そうすればFX迷子にならなずに効率よく常勝トレーダーへと成長していけると思います。

 

スキャルピング、デイトレード、スイングトレードの特徴を理解する!

自分のライフスタイルと余裕資産と相談しトレードスタイルを考える!

トレードスタイルに合わせた学習を進めていく!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.