トレード準備の一番始めに長期足を分析する2つの理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -

あなたはトレードを開始する時に一番初めに何をしていますか?

 

FXはPCの電源を入れてチャートを開いてすぐに、

「さあ、いきなりロングだ!ショートだ!わっしょい!」

とトレード出来るものではありません。

 

もしもあなたにこのような心当たりがあればなんの根拠もない値頃感での適当トレードということになってしまうので、そんなことを繰り返しているとリスクの塊です。

 

しっかりと丁寧に相場を分析して戦略をたてて準備を整えてようやくエントリーまでこぎつけることができます。

 

そしてそれがFXで安定した利益を重ね続けることにも繋がります。

 

安定して利益を出しているトレーダーは準備と戦略がしっかりできています。

 

エントリーまでの準備や戦略の立て方は人それぞれだと思いますが、あなたはまず初めに何をしているでしょうか?

「私には完全に決められた順序があって根拠もあります!」

と言い切れるのであればとても素晴らしいことだと思います。

 

しかし、いまいち決まっていないとかなんとなく準備のような感じというのであれば、まず初めにやるべきことをお伝えします。

それは

長期足を分析すること

です。

 

長期足を一番に分析する理由は2つあって

・目線を決めるため
・その日の戦略を立てるため

になります。

 

この2つの理由について順番に説明していきます!

 

長期足を分析すると目線が決まる!

長期足を一番に分析する最も大きな理由は目線を決めるためです。

ではなぜ目線を決める必要があるのでしょうか。

それは目線を決めることで その日のトレードの軸となる部分が決められるからです。

 

時間足による違いと力関係の基本

チャートには様々な時間足がありますがFXプランナーのエリア手法ではどのチャートにおいても見方や分析方法は同じです。

エリア手法を勉強したい方はこちらをご覧ください。
FXで勝つためのエリア手法習得までに必要な知識と考え方【完全保存版】

 

分析方法は同じですが時間足の違いによって異なる部分があります。

それが

値幅・波のサイズ・力関係

です。

 

相場は大小様々な波を描きながら形成されていますが小さな波が大きな波へと波及していきます。

そして大きな波は小さな波を飲み込んで行くことになります。

ここで質問です。

あなたは上のチャートを見た時にロングかショートのどちらを狙っていきたいでしょうか?

このチャートを見ると下降トレンドが続いているのでこれだけ見ればショートを狙いたくなりませんか?

僕もこのチャートだけならショート一択ですw

 

ではこちらのチャートではどうでしょうか。

これだと上昇トレンド中に見えますよね。

ということはこちらのチャートだとロングを狙いたいはずです。

 

上のチャートは5分足のチャートで下のチャートが1時間足になります。

そして、下の赤い四角で囲った部分が上のチャートになっています。

つまり5分足のチャートはこの後上昇していくことになりそれまでの下降は1時間足の上昇に呑み込まれていくことになります。

FXプランナーではこのように大きな波が小さな波を呑み込んでいくといった力関係を基本の考え方としています。

ただし、これも絶対的なものではない(100%ではない)ということは覚えておいて下さい。

 

短期の動きに惑わされない

しっかりと長期足で目線を決めることができると短期的な動きに惑わされなくなります。

先ほどの5分足のチャートではショートを狙いたいように見えますが長期足の目線が上だった場合は短期足が上昇に転じるのを待つことができるので無駄にショートで損失を出さずに済みます。

FXで大きく資産をなくしてしまうメンタル崩壊という状態がありますが、このメンタル崩壊を起こすきっかけとして短期足に振られて上や下やとトレードを繰り返してしまうというものがあります。

短期に振られたメンタル崩壊を未然に防ぐためにも目線をしっかりと決めるということはとても大事なことです。

 

目線を決まれば戦略が立てられる

今お話しした目線を決めることがトレードをスタートするために一番先に決めることです。

目線が決まれば次にその動きはどこに向かっているのか=目標を設定することができます。

これが決まればその後のトレード戦略をたてることができます。

 

FXでトレード戦略を立てることは必要なことです。

 

あなたが旅行にいく計画をたてたとしましょう。

まずは目的地を決めなければいけませんよね?

そしてその目的地の方向へいくためのプランをたてなければいけません。

どんなルートで行くのか?何を使っていくのか?

 

FXもこれと同じです。

戦略を立てれば無駄なトレードがなくなる

戦略をたてるということは目的がはっきりしているということです。

長期目線が上なのに積極的にショートの戦略をたてることができません。

仮にロング中心の戦略であればそのチャンスを待とうとします。

この待つという行為がFXでは非常に重要になってきます。

先ほど「短期の動きに惑わされない」と書きましたが、戦略をしっかりと持っていれば短期の激しい揺さぶりなどで往復ビンタ(ロングもショートをコロコロ変えて負けること)をくらう可能性をぐっと減らすことができます。

それだけでも無駄なトレードが減ることになって無駄な損失を回避できます。

 

さらにもしも長期足で目線が決めることができないような状態であれば、長期足が方向性を出すまで待たなければいけないという判断ができます。

 

チャートを見ていると常に動いていますから何も戦略がなければついつい手を出してしまいます。

しかしその行為はFXで安定した利益を上げ続けるという目的から大きく離れた行為です。

戦略を立てることで待つことの重要性もしっかりと理解していきましょう!

 

まとめ

この記事で長期足を一番に分析する理由と重要性をおわかりいただけたのではないでしょうか。

FXはトレード前にしっかりと準備をして全てのトレードを丁寧に行わないと、すぐに無駄な損失を重ねてしまいがちです。

人間なので時には感情の入ったトレードをしてしまうこともありますが、根本にしっかりとした戦略があればすぐに修正することができるようになります。

まずは目線を決めるクセをつけていきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.