2017/12/17

FXで勝ちたいあなたの為のエントリー完結までの6つの流れ【完全保存版】

FXで安定した利益を積み重ねることを目標としたトレード完結までの6つの流れを掴もう!

FXプランナーにおけるトレード開始からトレード完結までの流れを解説していきます。

この流れを繰り返すこと、そしてその中で使うエリア手法を習得することが全てといえます。

 

SATORU
さっそくだけど私たちがいつもしているトレードの流れをまとめてみてくれるかな?
RYO
了解です!いつもパソコンでチャートを立ち上げてからの流れをざっと見るとこんな感じですかね?

STEP1 長期足で狙う方向(目線)を決める

STEP2 現在の位置を確認する

STEP3 短期足の現在のチャート形成を確認する

STEP4 短期足でトリガーがでているかを確認する(トリガーがでていない場合はトリガーがでるのを待つ)

STEP5 エントリー候補を設定して待ちかまえる

STEP6 目標、ロスカットを設定してどちらかに到達すれば次の戦略を立てる

SATORU
だいたいオッケーだね!細かい補足はあるけどそれは順番に見ていこうか。
RYO
僕も再確認のためにしっかりと見ていきます!

※リンクが付いていないタイトルは今後執筆予定のものですのでしばらくお待ちください。

この他にも随時様々なタイトルを追加していく予定です。

 

STEP1 長期足で狙う方向(目線)と目標を決める

まずはその日自分がどちらの方向をメインに狙うかという目線を決める必があります。これはトレードがぶれないためにも重要なことです。目線は大きな流れでもある長期足で決定していきます。また長期足がどこを目指しているのかという目標も設定します。

 

STEP2 現在の位置を確認する

長期足で目線と目標を決めたら次に現在その目標に対してどこにいるのかをチャートで確認します。この現在位置によってSTEP3での短期足の攻め方が決まってきます。

 

STEP3 短期足の現在のチャート形成を確認する

目線、目標、位置を確認したら次にエントリーをしていくための準備に入ります。短期足のチャートを見て目線と同じ方向なのかそれとも逆の方向なのかそれとも方向感がない状態なのかを見極めていきます。

●チャートはどの時間足でも見方は同じなんです!

●長期足チャートと短期足チャートは何が違うのか!?

 

STEP4 短期足でトリガーがでているかを確認する(トリガーがでていない場合はトリガーがでるのを待つ)

エントリーするためにはトリガーと呼ばれるサインが必要になります。トリガーが出て初めてチャート上にエリアを設定することができます。エリアが引けないチャートであれば目線の方向に対してトリガーが出るのを待たなければなりません

●エントリーするためのトリガーって何?

●トリガーがでればエントリー候補が出現します

 

STEP5 エントリー候補を設定して利益目標とロスカットを決めて待ちかまえる

●トリガーが出た後のエントリー候補の設定のしかたを知ろう

●エントリー候補まで待つ3つの理由

短期足のチャートにエリアが引けるということはエントリー候補ができたということです。そのエリアを使ってロスカットと利益目標を設定してレートがエリアにくるのを待って実際にエントリーしていきましょう。

 

STEP6 利益目標かロスカットのどちらかに到達すれば次の戦略を立てる

STEP5で設定した利益目標かロスカットのどちらかに到達した時点でエントリーは完結します。次のエントリーに備えるために再度戦略を立てることになります。

●目標を決めるために大事な3つのこと

●ロスカットをあらかじめ決めなければいけない理由を知ろう

●準備ができたら腹をくくらなければいけない理由を知ろう

Copyright© FXブログ|FX初心者の為のFXプランナー , 2017 All Rights Reserved.